「上杉定実」の版間の差分

晴景が定景を名乗り猶子となった確証はなく、晴景夫人についても出典不明のためコメントアウトしました。
(晴景が定景を名乗り猶子となった確証はなく、晴景夫人についても出典不明のためコメントアウトしました。)
| 藩 =
| 氏族 = [[上杉氏]]([[上条上杉家]]→[[上杉氏#越後守護上杉家|越後上杉家]])
| 父母 = 父:[[上杉房実]]<ref>「山吉家伝記之写」では上杉掃部守定俊が定実の実父であるとしている。森田真一は、山吉家や「[[上杉家文書]]」に残る定俊の発給文書より、定俊は[[蒲原郡]]を本拠地とする上条上杉家の庶流と推定している。(森田真一「上条上杉定憲と享禄・天文の乱」『新潟史学』第46号、[[2001年]])</ref><br />養父:''[[上杉房能]]''?
| 父母 = 父:[[上杉房実]]、母:[[山吉久盛]]の娘<br />養父:''[[上杉房能]]''
| 兄弟 = [[積翠院]]<ref>[[仙台藩]]の史料では定実を積翠院の父とするが、積翠院が長男・[[伊達稙宗|稙宗]]を産んだのは[[長享]]2年([[1488年]])であり、年代的には全く整合性がとれない。このため実際には、積翠院は定実の実姉(15歳以上年長か)と考えられている。(長谷川伸「南奥羽地域における守護・国人の同盟関係」 『地方史研究』第254号、[[1994年]])</ref>([[伊達尚宗]]室)、'''定実'''、[[上条定憲|定憲]]、[[上杉定明|定明]]
| 妻 = [[正室]]:上杉房能の娘<br />[[継室]]:[[長尾能景]]の娘<ref>「長尾系譜」「上杉系図并長尾系図」(米沢市立中央図書館蔵上杉文書)では為景の娘の一人が定実夫人とされ、検討が必要とされている。(前嶋 敏「越後永正の内乱と信濃」『信濃』第60巻 第10号、[[2008年]])
</ref>
| 子 = 実子:<br />女([[長尾晴景]]正室)、女([[蘆名氏]]室{{要出典|date=2014年5月}})<br />猶子:<br />''長尾定景''(娘婿、のちの晴景)<br />''[[伊達実元]]''<small>(※養子になる予定だったがのち中止)</small>
| 子 = 実子:<br /><!--女([[長尾晴景]]正室)-->女([[蘆名氏]]室{{要出典|date=2014年5月}})<br />猶子<ref>「日本随筆大成」に所集されている[[江戸時代]]後期の[[随筆]]「翁草」には、定実が為景の姉妹を娶った際に、為景の嫡子・六郎(のちの晴景か)を猶子とする約定を取り交わした書かれているが、同時代史料では確認できない。なお 豊田武著「戦国の群雄」(1966年、読売新聞社刊行)には長尾晴景の妻は定実の娘と書かれているが、出典不明であり史料で確認できない。</ref>:<br />''[[伊達実元]]''<small>(※養子になる予定だったがのち中止)</small>
| 特記事項 =
}}
'''上杉 定実'''(うえすぎ さだざね)は、[[日本]]の[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[守護大名]]。[[越後国|越後]][[守護]][[上杉氏]]の当主。[[上杉房能]]の養子とされるが確証はない。[[上杉謙信]](初名:長尾景虎)は義理の[[甥]]<!--、そして[[婿]]の弟-->にあたる<!--<ref>定実が[[長尾為景]]の妹を後妻に迎えており、その娘が[[長尾晴景]]に嫁いでいるため。</ref>-->。
 
== 生涯 ==
定実自身は[[上条上杉家]]出身であったが、[[文亀]]3年([[1503年]])に房能の娘を[[正室]]に迎えて、その[[婿養子]]となる。[[永正]]4年([[1507年]])8月、[[守護代]]の[[長尾為景]]に担がれて房能を倒すと、翌年に守護(実質的には為景の傀儡)となった。その際に長尾為景の妹を娶ったとされ(正室であった房能息女はこの時点で死去していた可能性が高い)、[[宇佐美房忠]](ふさただ、[[宇佐美定満|定満]]の父)から名刀「宇佐美貞光」を献上される。
 
しかし、[[関東管領]][[上杉顕定]](房能の実兄)の侵攻により、永正6年([[1509年]])に[[越中国|越中]]・[[佐渡国|佐渡]]へ敗走する。翌永正7年([[1510年]])、越後の諸将を掌握できていない顕定軍の内情を見て、為景と共に佐渡の軍勢を加えて勢力を盛り返し、[[長森原の戦い]]で顕定を敗死させた。永正10年([[1513年]])、為景の傀儡であることに不満を抱いて、守護家家臣筋の宇佐美房忠、[[宇佐美定満|定満]]父子や実家上条氏の[[上条定憲]](弟、あるいは甥)、[[揚北衆]]の諸氏の勢力などを糾合して[[春日山城]]を占拠して断続的に抵抗を続けたが失敗し、一時幽閉されるなど権威はますます失墜した。
 
その後、上条定憲らが再度反為景勢力を結集したため、為景は隠居に追い込まれたが、その後も定実が実権を握ることはできなかったらしい。為景の跡を継いだ[[長尾晴景]](定実の婿、当初は[[偏諱]]によって'''定'''景)は、為景と比べると求心力に欠けたため、定実の権力は一応の回復を見せた。
 
定実には男子がいなかったため、為景の没後、縁戚(定実の甥)である[[陸奥国|陸奥]]の大名[[伊達稙宗]]の子・[[伊達実元|時宗丸]](のち偏諱によって'''実'''元と名乗る)との[[養子縁組]]を[[中条藤資]](実元の母は藤資の妹)らと推進し、復権を図ったものの、越後北部や[[出羽国|出羽]]での上杉傘下の国人領主同士の対立を招いた。更に、[[伊達氏]]における内訌([[天文の乱]])を引き起こす結果となり、縁組は中止され、定実のもくろみは頓挫した。
 
== 偏諱を与えた人物 ==
*[[長尾晴景|長尾'''定'''景]](娘婿・猶子、のちの晴景)
*[[伊達実元|伊達'''実'''元]]([[又甥]](甥・伊達稙宗の子)、※養子になる予定だったが、前述の通り縁組は中止。)
*[[宇佐美定満|宇佐美'''定'''満]](房忠の子)
318

回編集