「上杉定実」の版間の差分

m
編集の要約なし
(晴景が定景を名乗り猶子となった確証はなく、晴景夫人についても出典不明のためコメントアウトしました。)
m
| 妻 = [[正室]]:上杉房能の娘<br />[[継室]]:[[長尾能景]]の娘<ref>「長尾系譜」「上杉系図并長尾系図」(米沢市立中央図書館蔵上杉文書)では為景の娘の一人が定実夫人とされ、検討が必要とされている。(前嶋 敏「越後永正の内乱と信濃」『信濃』第60巻 第10号、[[2008年]])
</ref>
| 子 = 実子:<br /><!--女([[長尾晴景]]正室)-->女([[蘆名氏]]室{{要出典|date=2014年5月}})<br />猶子<ref>「日本随筆大成」に所されている[[江戸時代]]の[[神沢杜口]]の[[随筆]]「翁草」には、定実が為景の姉妹を娶った際に、為景の嫡子・六郎(のちの晴景か)を猶子とする約定を取り交わした書かれているが、同時代史料では確認できない。なお 豊田武著「戦国の群雄」(1966年、読売新聞社刊行)には長尾晴景の妻は定実の娘と書かれているが、出典不明であり史料で確認できない。</ref>:<br />''[[伊達実元]]''<small>(※養子になる予定だったがのち中止)</small>
| 特記事項 =
}}
318

回編集