「北条高宣」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''北条 高宣'''(ほうじょう たかのぶ)は、鎌倉時代末期の北条氏の一門。 == 人物 == 大仏流...')
 
'''北条 高宣'''(ほうじょう たかのぶ、生年不詳 - [[嘉暦]]3年([[1328年]])[[4月 (旧暦)|4月]])は、[[鎌倉時代]]末期の[[北条氏]]の一門。
 
== 人物 ==
[[北条氏 (大仏流)|大仏流]]の[[北条維貞]]の[[嫡子]]として生まれる(この年は不明)。[[元服]]時に[[得宗]]の[[北条高時]]より1字を受けて'''高宣'''と名乗った<ref>山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」、脚注(27) (山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年、ISBN 978-4-7842-1620-8)  p.182)より。詳細は[[北条氏 (大仏流)]]の項を参照のこと。「宣」の字は曽祖父・[[北条宣時|宣時]]、祖父・[[北条宗宣|宗宣]]に由来するものである。</ref>。官位は[[式部大輔]]<ref name="osaragi">[http://homepage1.nifty.com/kitabatake/hojyo-notk.html こちら]より。</ref>。
 
[[嘉暦]]2年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]]([[1327年]][[9月22日]])に維貞が死去したのに伴い、大仏北条家の家督を継承したが、高宣もその翌年の嘉暦3年([[1328年]]4)4月に亡くなった<ref name="osaragi" />。跡を弟の[[北条家時|家時]]が継いだ<ref name="osaragi" />。
 
== 脚注 ==