「UFC 85」の版間の差分

m
リンク修正 using AWB
m (リンク修正 using AWB)
ライトヘビー級ではUFC2戦目の[[マウリシオ・ショーグン]]が[[チャック・リデル]]と対戦予定であったが<ref>[http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=5715&zoneid=13/ LIDDELL SIGNS TO FIGHT SHOGUN AT U.K. UFC] MMAWEEKLY 2008年2月16日</ref>、再度の左膝[[前十字靭帯]]損傷により欠場となった<ref>[http://www.boutreview.com/data/news05/080607ufc.html [UFC]6.7 ロンドン:ショーグンの怪我再発でリデル戦は中止] バウトレビュー 2008年3月5日</ref>。そのため大会サブタイトルも「'''Liddell vs. Evans'''」に変更され、ショーグンに替わってラシャド・エヴァンスがチャック・リデルと対戦する予定であったが、リデルが右大腿屈筋の[[筋断裂]]によって欠場し<ref>[http://www.ufc.com/index.cfm?fa=news.detail&gid=11489 CHUCK LIDDELL INJURED; FORCED TO WITHDRAW FROM UFC® 85] UFC公式サイト 2008年4月21日</ref>、その代替選手として選ばれた[[ジェームス・アーヴィン]]も足の負傷で欠場したためエヴァンスは大会不参加となり、大会サブタイトルも「'''Bedlam'''」へ変更された。また、予定されていた[[ジョナサン・グレ]]とポール・ケリーのウェルター級戦も中止された。なお、各階級ともタイトルマッチは行われなかった。
 
セミファイナルでは当初[[マイケル・ビスピン]]の対戦相手として[[クリス・リーベン]]が予定されていたが、リーベンが逮捕され欠場したため替わって[[ジェイソン・デイ (総合格闘家)|ジェイソン・デイ]]が出場した<ref>[http://archive.is/20120712004020/mmajunkie.com/news/4250/ufc-fighter-chris-leben-arrested-for-dui.mma UFC fighter Chris Leben arrested for probation violation (updated)] MMAjunkie 2008年4月30日</ref>。ヘビー級では出場予定であったニール・ウェインが欠場し<ref>[http://archive.is/20120726185048/mmajunkie.com/news/4440/more-ufc-85-changes-eddie-sanchez-replaces-neil-wain.mma Another UFC 85 change: Eddie Sanchez replaces Neil Wain] MMAjunkie 2008年5月28日</ref>、替わって[[エディ・サンチェス]]が出場した。
 
メインイベントではチアゴ・アウベスが前日計量で4ポンドオーバーしたが、ヒューズ側の合意により175ポンドのキャッチウェイトバウトとして行われた。試合ではアウベスがヒューズを跳び膝蹴りによるTKOで破った<ref>[http://www.sherdog.com/news/news.asp?n_id=13105 Alves Stops Hughes in London] SHERDOG 2008年6月7日</ref>。
: 3R終了 判定2-1(28-27、28-27、27-28)
; 第10試合 ミドル級 5分3R
: ○ {{Flagicon|GBR}} [[マイケル・ビスピン]] vs. {{Flagicon|CAN}} [[ジェイソン・デイ (総合格闘家)|ジェイソン・デイ]] ×
: 1R 3:42 TKO(レフェリーストップ:[[グラウンドパンチ|パウンド]])
; 第11試合 メインイベント キャッチウェイトバウト(175ポンド契約) 5分3R
41,563

回編集