「レジナルド・ドハティー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
* [[{{テニス]]選手
{{MedalTop}}
|選手名(日本語)=レジナルド・ドハティー
{{MedalCountry|{{GBR}}}}
|写真=R.F.Doherty by Voigt.jpg
|写真サイズ=230px
|写真のコメント=レジナルド・ドハティー
|選手名(英語)=Reginald Doherty
|フルネーム(英語名)=Reginald Frank Doherty
|愛称=Reggie(レジー)
|国籍={{GBR}}
|出身地=イングランド・ウィンブルドン
|居住地=
|誕生日={{生年月日と年齢|1872|10|14|no}}
|没年日={{死亡年月日と没年齢|1872|10|14|1910|12|29}}
|死没地=イングランド・ケンジントン
|身長=185cm
|体重=
|利き手=右
|バックハンド=
|デビュー年=
|引退年=
|ツアー通算=
|シングルス=
|ダブルス=
|生涯通算成績=
|シングルス通算=
|ダブルス通算=
|生涯獲得賞金=
|全豪オープン=
|全仏オープン=
|ウィンブルドン=優勝(1897-1900)
|全米オープン=準優勝(1902)
|優勝回数=4(英4)
|全豪オープンダブルス=
|全仏オープンダブルス=
|ウィンブルドンダブルス=優勝 (1897-1901・1903-1905)
|全米オープンダブルス=優勝 (1902・1903)
|ダブルス優勝回数=10(英8・米2)
|全豪オープン混合ダブルス=
|全仏オープン混合ダブルス=
|ウィンブルドン混合ダブルス=
|全米オープン混合ダブルス=
|混合ダブルス優勝回数=
|シングルス最高=
|ダブルス最高=
| medaltemplates =
{{MedalSport|[[テニス]]}}
{{MedalCompetition|[[オリンピックテニス競技|オリンピック]]}}
{{MedalGold|[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900 パリ]]|男子ダブルス}}
{{MedalGold|[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900 パリ]]|混合ダブルス}}
{{MedalGold|[[ロンドンオリンピック (1908年) におけるテニス競技|1908 ロンドン]]|男子ダブルス}}
{{MedalBronze|[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900 パリ]]|男子シングルス}}
{{MedalBottom}}
}}
[[Image:Doherty Brothers.jpg|right|220px|thumb|ドハティー兄弟]]
'''レジナルド・ドハティー'''('''Reginald Doherty''', [[1872年]][[10月14日]] - [[1910年]][[12月29日]])は、[[イングランド]]・[[ウィンブルドン]]出身の男子[[テニス]]選手。フルネームは ''Reginald Frank Doherty'' (レジナルド・フランク・ドハティー)という。3歳年下の弟[[ローレンス・ドハティー]]とともに「ドハティー兄弟」(Doherty Brothers)として活躍した。レジナルドは“Reggie”(レジー)という愛称で呼ばれ、大柄な兄であったことから“Big Do”(ビッグ・ドー)とも呼ばれた。
== 来歴 ==
 
レジナルドは[[1896年]]、24歳の時から[[ウィンブルドン選手権]]に出場し始めた。[[1896年ウィンブルドン選手権|1896年]]度のダブルスで準優勝した時は、パートナーは弟のローレンスではなく、ハロルド・ニスベット(Harold Nisbet)であった。レジナルドとニスベットの組は、男子ダブルス決勝で[[ウィルフレッド・バデリー]]と[[ハーバート・バデリー]]の「バデリー兄弟」(Baddeley brothers)組に敗れた。翌[[1897年ウィンブルドン選手権|1897年]]から[[1900年ウィンブルドン選手権|1900年]]まで、レジナルド・ドハティーはウィンブルドン選手権の男子シングルスに「4連覇」を達成する。ダブルスでもレジナルドとローレンスは兄弟ペアを組み、「バデリー兄弟」に代わって「ドハティー兄弟」の時代が始まった。その後、弟のローレンスが[[1902年ウィンブルドン選手権|1902年]]から[[1906年ウィンブルドン選手権|1906年]]までウィンブルドン選手権の男子シングルス「5連覇」を達成した。こうして、ドハティー兄弟は「兄弟2人でウィンブルドンのシングルス9勝」を樹立した。
 
* [[全米オープン (テニス)|全米選手権]] シングルス準優勝1度(1902年)/ダブルス2勝(1902年&1903年)
* オリンピック 男子ダブルス金メダル:[[パリオリンピック (1900年)|1900年パリ五輪]]・[[ロンドンオリンピック (1908年)|1908年ロンドン五輪]] [パリ五輪は混合ダブルス金メダルも獲得]
 
== 関連項目 ==
== 参考文献 ==
* [[テニス]]
* [[ランス・ティンゲイ|Lance Tingay]], “''100 Years of Wimbledon''” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 32-35ページまでの第4章が“''The Dohertys''”(ドハティー兄弟の時代)という題名になっている。
* [[ローレンス・ドハティー]]
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Reginald Doherty}}
* {{ITHF|reginald-doherty|レジナルド・ドハティー}}
* {{SportsReference|do/reggie-doherty-1}}
* [http://www.itftennis.com/shared/medialibrary/pdf/original/IO_3821_original.PDF アテネオリンピックテニス・メディアガイド] (英語、全146ページのPDFファイル)
== 参考文献 ==
* [[ランス・ティンゲイ|Lance Tingay]], “''100 Years of Wimbledon''” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 32-35ページまでの第4章が“''The Dohertys''”(ドハティー兄弟の時代)という題名になっている。
 
{{ウィンブルドン男子シングルス優勝者 (オープン化以前)}}
[[Category:オリンピックテニスイギリス代表選手]]
[[Category:イギリスのオリンピック金メダリスト]]
[[Category:イギリスのオリンピック銅メダリスト]]
[[Category:国際テニス殿堂入りの人物]]
[[Category:マートン・ロンドン特別区出身の人物]]
[[Category:1872年生]]
[[Category:1910年没]]
__NOTOC__