「プラフラーダ」の版間の差分

m
 
== 概要 ==
[[File:Narasimha Disemboweling Hiranyakashipu, Folio from a Bhagavata Purana (Ancient Stories of the Lord) LACMA M.82.42.8 (1 of 5).jpg|250px|right|thumb|ヴィシュヌの化身ナラシンハ(人獅子)]]
プラフラーダは天界をテーヴァ神族から奪って天をも治めたヒラニヤカシプアスラ王の子にもかかわらず、あろうことか天敵テーヴァ神族のヴィシュヌを幼少期から献身的に信仰したという。ヒラニヤカシプはこの行いに激怒しプラフラーダを殺そうとしたがヴィシュヌを信仰するあまり加護を得ているため部下はプラフラーダを殺すことができなかった。ヒラニヤカシプはやむなく師のもとに追いやった。プラフラーダはヴィシュヌをさらに信仰してついに解脱にいたったという。