「シモン・ボリバル」の版間の差分

m
 
=== カルタヘナ宣言 ===
ヌエバ・グラナダのカルタヘナで、スペインへの徹底抗戦を誓う'''カルタヘナ宣言'''を発表。これに共感したヌエバ・グラナダの市民はボリバルをベネズエラ解放遠征軍司令官に任命。[[ボゴタ|サンタフェ・デ・ボゴタ]]を中心とする{{仮リンク|クンディナマルカ共和国|es|Estado Libre de Cundinamarca|en|Free and Independent State of Cundinamarca}}([[1810年]] - [[1815年]])の指導者{{仮リンク|アントニオ・ナリーニョ|es|Antonio Nariño|en|Antonio Nariño}}の支援を得て[[1813年]]、彼はベネズエラ進攻を指揮して5月23日にメリダに入り、''El Libertador''(解放者)と呼ばれた。8月6日にカラカスを奪回し、{{仮リンク|ベネスエラ第共和国|en|Second Republic of Venezuela}}([[1813年]] - [[1814年]])の成立を宣言した。
 
兵力劣勢な共和派が成功したのは、軽快な機動力と優れた戦術によるものであった。だが、カラカスに入りこむと、ボリバルの足は縛られた。強力な王党派軍はたいして減っておらず、白人クリオーリョへの反感を利用して地方の[[メスティーソ]]や[[インディオ]]などの民衆から兵を集め、カラカスを締め上げた。カラカス市民は共和派支持を鮮明にしており、その頃荒れ狂っていた王党派の虐殺から逃れてきた難民でカラカスの人口は膨れ上がった。そのような情勢で軽々しく市を放棄すると、味方の市民が殺される恐れがあった。[[1814年]]に共和派の軍は防衛戦で消耗したあげく、分かれて脱出した。ボリバルが市民を引きつれて東に脱出すると、スペイン軍は再びカラカスを占領した。さらにその頃ヌエバ・グラナダではボゴタが陥落し、クンディナマルカ共和国が崩壊していた。