「ハニカム構造」の版間の差分

より直訳に。
m (ボット: 言語間リンク 6 件をウィキデータ上の d:q1934298 に転記)
(より直訳に。)
[[File:Honey comb.jpg|thumb|right|220px|蜂の巣(巣板)]]
[[File:Tile 6,3.svg|thumb|right|180px|正六角形の[[平面充填]]]]
'''ハニカム構造'''(ハニカムこうぞう、[[英語]]:honeycomb structure)とは、[[正六角形]]または[[正六角柱]]を隙間なく並べた構造である。ハニカムとは[[英語]]で「[[ミツバチ]]の[[櫛]](=[[ハチ|蜂]]の[[巣]]」という意味であり、多くの蜂の巣がこのような形をしていることから名付けられた。
 
広義には、正六角柱に限らず[[立体図形]]を隙間なく並べたもの([[空間充填#3次元ユークリッド空間|3次元空間充填]])をハニカムと呼ぶ。
6,749

回編集