「北条綱成」の版間の差分

m
== 人物・逸話 ==
{{出典の明記|section=1|date=2009年2月|ソートキー=人1587年没}}
* 綱成は若い頃から武勇に秀で、毎月15日は必ず身を清めて[[八幡大菩薩]]に戦勝を祈願したといわれている<ref>『[[関八州古戦録]]』</ref>。常に北条軍の先鋒としてその無類の強さを見せつけたため、近隣には常勝軍団としてその名がとどろいたといわれる。
* 合戦では、[[朽葉色]]に染めた6尺9寸の[[絹織物|練り絹]]に「八幡」と書かれた旗を指物としていたので、その旗色から「'''地黄八幡'''」と称えられた。これは「直八幡(じきはちまん)」の発音に通じるため「自分は八幡の直流である」というアピールであった。<ref>『[[武者物語]]』上巻</ref>。
* 綱成の「地黄八幡」の旗指物は現在、[[長野県]][[長野市]][[松代町 (長野県)|松代]]の[[真田宝物館]]に現存する。これは、武田氏と後北条氏が対立していた元亀2年(1571年)、綱成が守備していた駿河深沢城を、武田信玄に対し開城して小田原に去った際、城内に放置されていた物である。信玄は「左衛門大夫(綱成)の武勇にあやかるように」と、家臣[[真田幸隆]]の息子・源次郎([[真田信昌]])に与えたとされる(『寛政譜』巻655)<ref name="gohoujoukasindan" />。
471

回編集