「遠藤周作」の版間の差分

m
m (曖昧さ回避処理: 麹町教会聖イグナチオ教会, 嘱託嘱託社員)
=== 死後(1996年 - ) ===
{{節stub}}
スポーツ新聞は、遠藤周作の死を'''「狐狸庵先生逝く」'''という見出しで報じた。葬儀は[[麹町]]の[[麹町教会|聖イグナチオ教会]]で行われた。教会は人で溢れ、行列は[[国道20号|麹町通り]]にまで達した。生前の本人の遺志で、『沈黙』と『深い河』の2冊が棺の中に入れられた。
 
== 作風 ==
:3月 - 慶應義塾大学仏文科卒業。[[松竹]]大船撮影所の助監督採用試験に失敗。
* [[1949年]](昭和24年)
:6月 - [[鎌倉文庫]]の[[嘱託社員|嘱託]]になり、外国文学辞典編纂に従事したが、同社はまもなく[[倒産]]。カトリック・ダイジェスト社で働く。[[三田文学]][[同人]]になる。
* [[1950年]](昭和25年)
:6月 - 戦後初のフランスへの留学生として渡欧。