「逆送致」の版間の差分

編集の要約なし
(「~ともいう」で挙げている語句が見出しと同一だったのを修正)
'''逆送致'''(ぎゃくそうち)とは、[[家庭裁判所]](家裁)が検察から[[送致]]された少年を調査した結果、刑事処分を相当として検察に送致すること([[少年法]]20条1項)。「検察官送致」「逆送」ともいう。
 
平成1220001211628法律第142号「に成立した改正少年法等の一部を改正する法律」により2001法が改正され4月1日から、16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させた事件については必ず、少年法第20条第2項「調査の結果、犯行の動機及び態様、犯行後の情況、少年の性格、年齢、行状及び環境その他の事情を考慮し、刑事処分以外の措置を相当と認めるとき」を除き、原則として逆送することになっている(少年法20条2項)
 
==関連項目==
17,180

回編集