「新青梅街道」の版間の差分

全線片側2車線だが、一部に当初片側1車線であったのを車線幅や路肩を狭めて2車線にした箇所に加え、さらに幅を狭めて右折帯を増やした箇所があり、大型車同士での追い抜きが難しい区間がある。(交差点直前では普通車でも幅がギリギリな場合もあり、注意が必要)
 
本路線は[[国道]]の空白地帯を通過している。北多摩地域で、片側2車線の放射道路はここだけであり、交通量は非常に多く、並行する青梅街道のバイパス的役割を持つ。加えて、[[ロードサイド店]]が並び、近年は大型[[ショッピングモール]]も相次いで開店したため、休日になるとそれらに向かう車で[[渋滞]]が起こりやすい。
 
この区間は深夜などに[[制限速度]]の50[[km/h]]を越えて走行する[[車両]]が多い為、下り線([[青梅]]方面)の武蔵村山市村山医療センター北交差点のすぐ先に[[オービス]]が設置されている。オービス警告看板は直前に3つ設置されている。
 
== 通過する自治体 ==
165

回編集