「NHKスペシャル」の版間の差分

時間表記を24時間制に統一、その他細々と修正
(時間表記を24時間制に統一、その他細々と修正)
 
== NHK特集 ==
[[1976年]]4月に放送を開始。ドキュメンタリーを中心とした特集番組として放送を開始した。第1回は「氷雪の春〜オホーツク海沿岸飛行〜」を[[4月8日]]に放送する予定だったが緊急特番「総理にきく ロッキード事件と今後の政局運営」が編成されたため、翌週の[[4月15日]]に改めて放送された。NHK内に事務局を設けており基本として的にNHKの誰もが企画発案ができ、採用されると制作できる。[[ニュースセンター9時]]同様、[[1970年代]]に起きたNHKの内部改革のひとつとされる。[[NNNドキュメント]]・[[JNN報道特集]]と並んで「ドキュメンタリー御三家」の一つに数えられた。重大ニュースがあった日は19:30または20:00から'''NHK特集'''のタイトルでニュースセンター9時のキャスターが出演し、[[ニュースセンター9時]]のスタジオから放送する時もあった。「N特」時代には月曜・金曜20時からの定時放送を中心に年間100〜150作品を放送していた。
 
冒頭のタイトルは原則として黒又は青の無地に「NHK特集」の文字を白抜きで表示した。後には黄土色を主とした文様の地を用い、文字にグラデーションを施すバリエーションもあった。
 
=== 放送時刻・時間の推移 ===
日曜21:00の放送はNHK特集時代から現在まで変更されていない<ref>選挙速報等で放送を休止することもある。</ref>。[[1992年]]度までは日曜の放送に加えて、他の曜日のレギュラー番組を差し替えて放送する2通りの放送スタイルを採っていた。[[1993年]]度からは金曜21:30から50分の定時放送(50分間の放送)を加えて週2回の放送になり、再放送は日曜午前11:00と土曜13:50。2000年度からは土曜・日曜21:00の定時放送となり、再放送が深夜に移行した<ref>月曜・火曜の深夜(火曜・水曜の早朝)。なお、2011年度は火曜深夜、2012年度は水曜深夜に基本的には日曜21時日に放送したもをリピート放送している。</ref>。
 
[[2006年]]度に土曜の定時放送枠を廃止し、日曜の定時放送と、追加で随時平日22時台に放送する形をとった<ref>月曜日に放送時は『[[プレミアム10]]』の企画として、火曜日から木曜日に放送時は通常編成を休止させて、金曜日に放送時は『[[にんげんドキュメント]]』とローテーション放送で金曜での放送が一番多かった。</ref>。2007・2008年度は日曜21時と月曜22時を基本に、不定期に金曜22時にも放送した。[[2009年]]・[[2010年]]度は日曜のみ放送し、土曜に[[#2009年度の番組改編|派生番組]]を編成していたが、[[2011年]]から毎週土曜の19:30 - 22:15(途中20:45 - 21:00[[NHKニュース]]を挟んだ2部構成)に[[土曜特集#土曜単発枠の再開|単発番組枠]]が組まれたため、不定期で土曜日の放送(主として21時からの第2部。まれに長時間特集・討論などにより19:30からの第1部も)が行われる。
その他に祝祭日や[[#記念日放送|特定の記念日]]には関連する内容を取り上げて放送したり、過去に放送したものの中から適するものを再放送することがある。
 
基本の定時放送枠は50分<ref>正味の放送時間は49分であり、残りの1分は番組宣伝として、シリーズものであれば次回作、あるいは次回のNHKスペシャルの内容を30秒、その他の番組宣伝を30秒流す</ref>である。なお海外への販売を見据えて2004年10月から2006年3月には52分にした時期があり<ref>52分の放送時間は主にヨーロッパでの番組流通に適している。同じ時期に『[[クローズアップ現代]]』の放送時間が25分から26分に変更している。</ref>、以後も時々52分とすることがある。この際には、1分の番組宣伝枠を挟んで後続の『[[サンデースポーツ]]』を21:53開始としていた。
 
=== 関連番組 ===
{{main|東日本大震災を扱ったNHKスペシャル}}
:[[2011年]][[3月11日]]に発生した[[東日本大震災]]に関して、直後の[[3月13日]]から、被害状況や復興の道筋について随時取り上げた。
:1周年となる[[2012年]]は、3月3日から11日にかけて連日放送を行った。その後の年も3月11日を挟んで[[福島第一原子力発電所事故]]や、地震についてその後分かった知見、復興について取り上げる複数の番組を放送している。
 
=== その他 ===
3,235

回編集