「グリーンパーク・響灘緑地」の版間の差分

修正
(修正)
|前身 =
|開園 = [[1992年]][[4月1日]]
|運営者 = グリーンパーク活性化共同事業体  代表企業:株式会社オリエンタルコンサルタンツ<br />構成員:岡崎建工株式公益財団法人北九州市どうぶつ公園協社、株式会社ファ(ひびき動物ワルドのみ)
|年来園者数 =
|現況 =
 
== 概要 ==
北九州市若松区の頓田貯水池を中心とした市内最大の広域公園「響灘緑地」(計画面積281.2ha)<ref>[http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/file_0295.html グリーンパーク]北九州市公式サイト</ref>内に位置し、[[1991年]](平成3年) に開催された第8回[[全国都市緑化フェア]](グリーンルネッサンス北九州'91)の跡地に翌[[1992年]](平成4年)4月1日に開園した。なお、現在園内の施設(カンガルー広場)となっている「ひびき動物ワールド」は、1989年(平成元年)[[3月26日]]<ref>[http://www.city.kitakyushu.lg.jp/wakamatsu/file_0008.html 若松区のあゆみ 歴史(北九州市発足後)]北九州市公式サイト</ref>に単独施設としてオープンした。グリーンパーク発足直後には、別途入場料をとる形で遊園地「ひびきプレイランド」が開設されたが、短期間で閉鎖され遊具は撤去されている。
 
かつて回転昇降式展望台「ひびきタワー」が園内で営業していたが、[[2009年]](平成21年)[[3月31日]]で営業終了した<ref>[http://www.47news.jp/CI/200903/CI-20090321-00031.html 若松区のグリーンパーク「ひびきタワー」31日で廃止 25日から1週間無料搭乗サービス]47News 2009年3月21日 西日本新聞</ref>。
 
2014年(平成26年)4月より、新しいたな[[指定管理者]]「グリーンパーク活性化共同事業体は、」(代表企業:株式会社[[オリエンタルコンサルタンツ]]、構成員:岡崎建工株式会社、[[ファーム (愛媛県)|株式会社ファーム]])が、運営それまでの財団法人北九州市都市整備公社カンガルー広場は除く現・公益財団法人北九州市どうぶつ公園協会に代わり運営を行っている(ひびき動物ワールドは除く)
 
== 公園内の施設 ==
**どさんこ乗馬料 - 一般(高校生以上)500円(※平日のみ、体重70kgまで)
**馬車乗車料 - 一般(高校生以上)200円、中学生以下100円
* カンガルー広場(ひびき動物ワールド ※入園料一般300円、小・中学生150円が別途必要
**約250匹の有袋類がいる動物園<ref>[http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=546/episodeID=302271/ 「ペット大集合!ポチたま」 2010年3月19日19:00~19:54 テレビ東京放送]テレビ紹介情報 価格.com 2013年2月2日閲覧</ref><ref>[[動物のお医者さん]]第116話で、登場人物の一人が就職したという設定で登場</ref>。カンガルー広場には直接入って触れ合うことができる。飼育動物は、[[カンガルー]]([[オオカンガルー]]:Eastern grey kangaroo)、[[ワラルー]]([[ケナガワラルー]]:Eastern Wallaroo)、[[ワラビー]]([[シマオイワラビー]]:Yellow Footed Rock Wallaby)、[[ウォンバット]]の4種。
 
== 利用情報 ==
== 外部リンク ==
*[http://www.hibikinadagp.org/ グリーンパーク公式サイト]
*[http://www.kpfmmf.jp/hibiki_animal_world/ ひびき動物ワールド公式サイト]
*[http://www.oriconsul.co.jp/ 株式会社オリエンタルコンサルタンツ]
*[http://www.okazaki-kenko.co.jp/index.html 岡崎建工株式会社]
6,194

回編集