「営業職」の版間の差分

Wikipedia:表記ガイドに準拠した訂正。
(Wikipedia:表記ガイドに準拠した訂正。)
 
== 営業職の内容 ==
営業職従事者の主たる業務は自社の商品を販売する事であるが、加えてそれに付随する作業全般も含まれるため、販売だけでなく[[企画]]や[[調査]]、[[接待]]や[[アフターサービス]]といった要素を求められることもある。企業によっては、営業職と企画や[[広告職]]、[[宣伝職]]を区別しない事がある。特に小規模事業所では、技術職以外の事務、庶務等も行う事までもある。営業職には多様な要素が含まれているため、ある程度、役割が分担されている事も多い。なお、[[営業事務]]職は本来、営業部局でのデータ作成・分析や営業マンへの連絡が主な業務であり外回りはしない事が多い。しかしさまざまな理由から、実際は営業職であるにも拘らず「営業事務」として求人が掛けられていることも多い。
 
新規客を開拓するセールスマンの多くは、事前のアポイントメント(面会の約束。"アポイント"は誤用。略称アポとも)なしで一方的に訪問する(俗に言う'''飛び込み''')ことが多く、営業活動や取引契約に際して、しばしばトラブルの原因ともなる。また、アポに基づいて訪問するタイプの営業であっても、元のアポ自体はほとんどの場合強引な無差別電話勧誘([[テレマーケティング]]の一部)によるものであり、こちらもトラブルの原因となっている。個人宅への営業活動は押し売りなど消費者とのトラブルも多く、[[訪問販売]]の一つの形態として[[特定商取引に関する法律]]が適用され、消費者保護が図られている。また、[[判例集|最判]]平成20年4月11日によれば、飛び込み営業が[[住居侵入罪]]に該当する可能性も出てきた。
 
== 特徴 ==
世間一般的には営業職はきつい、厳しいという認識がある。仕事の結果を売上額、契約受注額や契約件数で客観的に測定しやすいため、年俸制などの[[成果主義]]が適用されやすく、また[[保険外交員]]のように[[歩合制]]を採用しているところも多い。営業成績によっては、高額の手当が期待出来できこともあるが、常に数字(結果)というプレッシャーを受け続ける。
 
組織から'''[[ノルマ]]'''(個人別の売上目標)が設定されていることがあり、ノルマが達成できない場合は上司から叱責を受けるなどし身の狭い思いをさせられる職場環境になることが多い。組織が指定するノルマと社会における需要が離れているほどノルマ達成が難しくなり、売上ノルマが財物の場合従業員の中にはノルマ達成のために苦し紛れに自らが自費で対象財物を購入する[[自爆営業]]を行うこともある。同僚である他の営業従業員とは競争関係にある場合が多く、情報の共有化がされないため、仮に劣悪な労働環境だとしても[[労働組合]]に訴えにくいことがある。労働組合の側も営業職の待遇については見て見ぬ振りをする傾向があり、営業職の労働環境は総じて改善されていない。いわゆる[[ブラック企業]]と呼ばれる低い評価をされる会社の不人気要因の一つに、大量採用・大量退職の営業部隊従業員の勤務実態および待遇が劣悪であるという点が挙げられることも多い。
 
営業職(特に法人向けの企画営業)は、求められるスキルが多岐に渡り、多くの人と接する[[コミュニケーション]]能力だけでなく、常に変化する状況に適切に対応する能力が求められる。そのため、「営業技術は汎用性が高く、営業が出来れば何の職業でも出来る」と言われる事がある。ただし、電話営業など、特定のスキルにのみ特化した能力が求められる営業もある。