「デイリー・メール」の版間の差分

(+Commonscat)
 
<!-- 以下未チェック -->
1906年、この新聞は世界初の英仏海峡横断飛行に対して1,000ポンド、ロンドン-マンチェスター間の飛行に対して10,000ポンドの賞金を出す。1910年にどちらの飛行も成功し、賞金が支払われた(ロンドン-マンチェスター間についての詳細は[[1910年のロンドン・マンチェスター間エアレース]]を参照)
 
この新聞はドイツが大英帝国に戦争を仕掛ける計画を進めているという記事を載せた。その結果、第一次世界大戦勃発の後、戦争を招いたとして批判される。大戦が勃発した際は、アルフレッド・ハームワースが徴兵制導入を主張して論争を引き起こした。また、1915年5月21日には英雄と考えられていた当時の陸軍大臣キッチナー卿に関してこの新聞は辛辣な批判記事を載せたため、一晩で発行部数が138.6万部から23.8万部まで落ちた。株式市場の会員は売れ残りの新聞を燃やして抗議し、ボイコットを始める。当時の英首相アスキスは「我が国を破壊する新聞である」と非難した。