「金禄公債」の版間の差分

編集の要約なし
'''金禄公債'''(きんろくこうさい)は、[[明治維新]]で、禄制の廃止により還禄した[[華族]]・[[士族]]以下にその代償として交付された[[公債]]である。
== 概要 ==
総計1億7390万8900円、利子は1割、7分、6分、5分の4種あった。この公債証書を受け取るべき者、つまり禄券を有する者の人数は、34万人にのぼった。起債の年は、明治10年であった。
匿名利用者