「アゾレス諸島」の版間の差分

編集の要約なし
m
|自治領等 = y
|略名 = アゾレス諸島
|日本語国名 = アソーレス自治地域
|公式国名 = {{lang|po|Região Autónoma dos Açores}}
|国旗画像 = Flag of the Azores.svg
 
== 概要 ==
ポルトガル沖約1000kmの大西洋上に浮かぶ。[[1427年]]に発見された。[[リスボン]]から約1500km、[[北アメリカ]]の東端から3900kmの位置にある。[[火山]]が起源で、九つの島からなる。[[ピコ島]]の火山[[ピコ山]]は標高2351mでアソーレス諸島のみならずポルトガルの最高地点である。
 
[[捕鯨]]および[[遠洋漁業]]の基地としても使われたほか、現在は温暖な気候から保養地として人気がある。
[[1583年]]、[[スペイン君主一覧|スペイン王]][[フェリペ2世 (スペイン王)|フェリペ2世]]が[[ポルトガル君主一覧|ポルトガル王]]としてフランス人商人を排除するためにアゾレス諸島に船団を派遣した。アゾレス諸島は、ポルトガル領の中で最後まで[[ハプスブルク家|ハプスブルク朝]]の[[スペイン王]][[フェリペ2世 (スペイン王)|フェリペ2世]]のポルトガル支配に抵抗した土地となった。
 
[[1820年]]からの内戦では、アソーレス諸島は[[自由主義]]派の拠点となり、[[テルセイラ島]]に[[マリア2世]]の宮廷が置かれた。
 
[[第二次世界大戦]]中、[[エスタド・ノヴォ|ポルトガル]]は一貫して[[中立国]]であったが、[[イギリス]]との[[英葡永久同盟]]や[[アメリカ合衆国|アメリカ]]からの政治的圧力があったために、事実上島は[[連合国 (第二次世界大戦)|連合軍]]の基地として使用された。
 
[[1976年]]以降、アソーレス諸島全体は自治権をもつ1つの行政区({{Lang-pt-short|Região Autónoma dos Açores}})となっている。アソーレス地域圏の首府と行政府はサンミゲル島の[[ポンタ・デルガダ]]、議会はファイアル島の[[オルタ]]、司法上の中心はテルセイラ島の[[アングラ・ド・エロイズモ]]におかれる。
 
== 地理 ==
[[File:Azoren (14).jpg|thumb|250px|[[ピコ島]]の成層火山ピコ山の風景]]
{| class="infobox bordered"
!colspan="2" style="background-color:#efefef; text-align:center"|アソーレス諸島の各島(サイズ別)
|-
!style="background-color:#efefef; border-bottom: 2px solid gray; text-align:center"|'''島名'''!!style="background-color:#efefef; border-bottom: 2px solid gray; text-align:center"|面積<br />(km{{sup|2}})
|[[コルヴォ島]]||style="text-align:right"|17
|}
[[リスボン]]のほぼ西に位置する。主要な島は九つ。総面積は2355km{{sup|2}}である。気候は一年を通じて温暖である。アソーレス諸島は、[[大西洋中央海嶺]]と[[ホットスポット (地学)|ホットスポット]]が重複した位置にあり、基本的には、火山島である。
 
ソーレス諸島の島は、3つに大別される。
* 東部({{lang-pt-short|Grupo Oriental}}):[[サンミゲル島]]('''{{lang-pt-short|São Miguel}}''')、[[サンタマリア島]]、[[フォルミガス島]]。
* 中部({{lang-pt-short|Grupo Central}}):[[テルセイラ島]]('''{{lang-pt-short|Terceira}}''')、[[サンジョルジェ島]]、[[ピコ島]]('''{{lang-pt-short|Pico}}''')、[[ファイアル島]]、[[グラシオーザ島]]。
 
== 交通 ==
[[リスボン]]および[[ポルト]]とサンミゲル島の[[ポンタ・デルガダ]]の間に[[SATA International]]の定期便が就航するほか、[[ヨーロッパ]]の主要都市との間にも定期便が運航されている。[[ポンタ・デルガダ空港]]からアソーレス諸島各島に航空便がある。
 
また、ポルトガル本土の主な港との間に[[フェリー]]などの定期船も運航されているほか、観光客を乗せたクルーズ客船も頻繁に運航されている。
匿名利用者