「慣性航法装置」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 21 件をウィキデータ上の d:q570607 に転記)
 
== 解説 ==
本装置の原理は、[[加速度計]]で検出する[[加速度]]を[[積分]]することで[[速度]]を、速度を[[積分]]することで[[距離]]を求め、一方、[[ジャイロスコープ|ジャイロ]]で[[方位|方角]]を検知し、移動距離と方角のベクトルを細分点ごとに合成してゆくことにより、起点からの移動距離を算出する。起点の静止位置を入力すれば、移動しはじめても自機の位置と速度を常に計算して把握できる。悪天候や[[ジャミング|電波妨害]]の影響を受けないという長所を持つが、長い距離を移動すると誤差が累積されて大きくなるという特徴があるので[[グローバル・ポジショニング・システム|GPS]]誘導や[[ドップラー・レーダー]]航法装置、[[無指向性無線標識]]、[[天測航法]]などによる補正を加えて使用することが多い
 
悪天候や[[ジャミング|電波妨害]]の影響を受けないという長所を持つが、長い距離を移動すると誤差が累積されて大きくなるという特徴があるので[[グローバル・ポジショニング・システム|GPS]]や[[距離測定装置]]、[[超短波全方向式無線標識]]などによる補正を加えて使用することが多い。[[ドップラー・レーダー]]航法装置、[[無指向性無線標識]]、[[天測航法]]などを補助的に使用することもある。
ドップラー・レーダー航法装置だけでも外部の施設に依存しないで独力で航法を行うことは可能であり、慣性航法装置とドップラー・レーダー航法装置などを総称して'''自蔵航法装置'''、'''自立航法装置'''などと呼ぶ。
 
なお、ドップラー・レーダー航法装置だけでも独力で航法を行うことは可能であるが、確実な地面のレーダー感知が前提であり、電磁波の散乱・クラッタによる誤差が存在する(特に海面では顕著)ため、旅客機等では補助的な使用以外ではあまり用いられず、慣性航法装置が主要な装置となる。
 
慣性航法装置・ドップラー・レーダー航法装置だけでもなど、外部の施設に依存しないで独力で航法を行うこと可能であり、慣性航法装置とドップラー・レーダー航法装置などを総称して'''自蔵航法装置'''、'''自立航法装置'''などと呼ぶ。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者