「内外転」の版間の差分

節分けと加筆
m (ぶんるい>分類)
(節分けと加筆)
{{音韻学}}
'''内外転'''(ないがいてん)すなわち'''内転'''(ないてん)と'''外転'''(がいてん)とは[[中国語の伝統的な[[音韻学]]の用語であり、[[漢字]]の[[中古音]]を分類した[[等韻図]]の各図はこのちらかおいて属する。[[韻腹十六摂]]のそれぞれは内転か外転かのどちらかに属し、通常は音節主母音)を内外2に分けて分したも違い意味してう。現代的な音素記号では外転系が{{Ipa|a}}、内転系が{{Ipa|ə}}解釈れ、現代中国語の[[韻母]]の分類にも使われている。転が、その意味するころもともと[[悉曇学]]の用語であり、[[サンスクリット]]音韻学の影響を受け完全には判明していない
 
[[音読み|日本漢字音]]においては「ア」「エ」がだいたい外転、「イ」「オ」「ウ」がだいたい内転である。
 
日本では、核心的には、賴惟勤著作集Ⅰ『中國音韻論集』のⅢ中古漢語の第三・第四番目の論文として「內轉・外轉について」・「中古中國語の內・外について」の二篇の論文があるが、その理解のカナメは實は未收の類名な論文「中古の内・外」である。誤植を訂正した打鍵は、今のところ、http://benzo0120.es.land.to/DOWNL/19320643.LZH のQYT/TEXTS/TKNAYGAY.HTM に試みられている。
==概要==
十六摂のそれぞれを内転か外転かで分けると下の図のようになる(文献によって多少の違いがある)。
{|class="wikitable"
|-
! 内転
| 通 || 止 || 遇 || 果 || 宕 || 曽 || 流 || 深
|-
! 外転
| 江 || 蟹 || 臻 || 山 || 效 || 仮 || 梗 || 咸
|}
 
内転・外転の意味を言語学的に解釈したものには主に2つの説がある。
 
# 内転は主母音が狭く({{ipa|ə}} など)、外転は広い({{ipa|a}} など)とするもの<ref>{{cite journal
|author=[[羅振玉]]
|title=釈内外転
|year=1933
|journal=中央研究院歴史語言研究所集刊
|volume=4-2
}}</ref>。
# 内転は主母音が短くて弱く、韻尾が長く強い。外転はその逆とするもの<ref>{{cite book
|author=[[趙元任]]
|title=湖北方言調査報告
|year=1948
|series=中央研究院歴史語言研究所専刊
}}</ref>。
 
主母音の {{ipa|a}} と {{ipa|ə}} の対立は現代中国語の[[韻母]]の分類にもはっきりあらわれており、この意味で内転と外転の区別は重要な概念である。
 
ただし、この言語学的な説明には問題点があり、臻摂({{ipa|ən}})が外転、果摂({{ipa|ɑ}})と宕摂({{ipa|ɑŋ}})が内転であるという事実を説明できないため、本来の韻図作者の本来の意図はこれとは別であったのかもしれない。
 
==脚注==
{{reflist}}
 
== 関連文献 ==
* {{cite book|和書
|author=賴惟勤
|year=1989
|title=賴惟勤論文集
|series=賴惟勤著作集 I
|publisher=汲古書院
}}
: 「内転・外転について」・「中古中国語の内・外について」を含む
* {{cite book|和書
|author=遠藤光暁
|chapter=三つの内外転
|title=中国音韻学論集
|year=2001
|publisher=白帝社
|pages=121-137
}}
{{china-stub}}
{{language-stub}}