「二脚」の版間の差分

[[狙撃]]では、長時間伏せ撃ち体制をとる場合があるため、狙撃銃にもよく取り付けられる。ただし、伏せ撃ち以外では[[銃口]]近くに重量物をとりつけることで照準がぶれやすくなるため、なによりも射撃精度を重視する狙撃ではデメリットになりかねず取り外すことも多い。
 
軽機関銃は原則的に二脚によって接地して射撃する。銃自体が小銃より重いせいもあるが、接地することで反動を吸収することによって、全自動射撃でも十分な命中精度を得ることができ、それ[[機関銃]]よる必要な「制圧力を発揮することができる設計になっている。分隊支援火器は軽機関銃に比べれば軽量で、二脚に頼らずに射撃する場面も増えるが、やはり原則として二脚を装備している。
 
陣地防衛など固定的な運用がされる[[火器]]は、より安定性の高い三脚が用いられることもある。