「沢松和子」の版間の差分

[[1968年]]の[[1968年全仏オープン|全仏オープン]]から、沢松和子の世界挑戦が始まる。それから5年後、[[1973年]]1月の[[1973年全豪オープン|全豪オープン]]で、沢松は準々決勝で[[イギリス]]の[[バージニア・ウェード]]を 0-6, 6-1, 6-4 の逆転で破ったが、続く準決勝で[[オーストラリア]]の[[イボンヌ・グーラゴング]]に 4-6, 3-6 で敗れた。グーラゴングには[[1975年]]の[[1975年全豪オープン|全豪オープン]]準々決勝と、最後の4大大会出場となった[[1975年全米オープン (テニス)|全米オープン]]でも敗れている。
 
[[1975年]]の[[1975年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]で、沢松和子はシングルスの3回戦で第1シードの[[クリス・エバート]]に 2-6, 2-6 で敗れたが、日系3世選手である[[アン清村]]とペアを組んだ女子ダブルスで快進撃を見せた。決勝戦の相手は[[フランソワーズ・デュール]]([[フランス]])&[[ベティ・ストーブ]]([[オランダ]])組に決まった。大会最終日、男子シングルス決勝戦の終了後、沢松は日本人女子選手として初めてウィンブルドンのセンター・コートに足を踏み入れ、7-5, 1-6, 7-5 のスコアで強豪ペアを倒した。当時は衛星中継が始まって間もない時期であり、この試合の模様が録画でテレビ放映されたため、日本人女性初の快挙は全国に大反響を及ぼし、テニスブームが空前の規模で広がった。ウィンブルドンの前後にはシングルスでも好成績を出し、[[1975年全仏オープン|全仏オープン]]では[[クリス・エバート]]との準々決勝まで進み(スコア:2-6, 2-6)、[[1975年全米オープン (テニス)|全米オープン]]でも準々決勝に進出したが、[[イボンヌ・グーラゴング]]に 6-7, 5-7 で惜敗した。これを最後に、沢松和子はテニス界から[[引退]]した。。[[自民党幹事長]][[中曽根康弘]]が会長たる[[日本プロスポーツ会議]]から[[日本プロスポーツ大賞]]殊勲賞受賞。
 
 
87

回編集