「原健三郎」の版間の差分

[[明石海峡大橋]]の建設にも強い執念を燃やした。架橋が夢物語だと思われていたころには「ハラケン」をもじって「ハシケン」「ホラケン」などとも揶揄されたが、最終的にこれを実現へと導いた。国会に銅像を立てる念願こそ果たせなかったが、明石海峡大橋のたもとにはこの功績を称える銅像が立てられている。[[第42回衆議院議員総選挙]]では通産官僚経て自身の秘書だった[[西村康稔]]が後継者たる保守系無所属新人として出馬し自民党現職宮本に惜敗。
 
[[2003年]][[第42回衆議院議員総選挙]]では西村が再度出馬し宮本破り初当選、西村が会派「[[グループ改革]]」結成し初の[[首班指名]]で[[小泉純一郎]]支持した上で自民党移籍後の[[2004年]]11月6日1時52分、心不全のため[[東京都]][[渋谷区]]広尾の自宅で死去した。[[享年]]97<ref name="47news20041106"/>。
 
== フィルモグラフィ ==
87

回編集