「高市早苗」の版間の差分

m (113.36.115.10 (会話) による版を 花蝶風月雪月花警部 による版へ巻き戻し)
[[1989年]]に日本に帰国し、[[亜細亜大学]]系列の[[亜細亜大学短期大学部|日本経済短期大学]](現・[[亜細亜大学短期大学部]])助手に就任。[[1992年]]には関西[[ハイビジョン]]・コンソーシアムを設立し、会長に就任する。同年、[[第16回参議院議員通常選挙]]に[[奈良県選挙区]]から[[保守]]系[[無所属]]として出馬したが、落選した。当初は[[自由民主党_(日本)|自由民主党]]奈良県連に公認を申請したが、公認は受けられなかった{{要出典|date=2013年10月}}(自民党公認候補は[[服部三男雄]])。
 
[[1993年]]、[[第40回衆議院議員総選挙]]に[[奈良県全県区]]から[[無所属]]で出馬し、得票数トップで初当選した(実は[[新党さきがけ]]に公認申請し拒否された。当選同期に[[安倍晋三]]・[[田中真紀子]]・[[熊代昭彦]]・[[塩崎恭久]]・[[岸田文雄]]・[[野田聖子]]・[[浜田靖一]]・[[山岡賢次]]・[[江崎鉄磨]]など)。[[内閣総理大臣指名選挙|首班指名選挙]]では、無所属ながら[[自由民主党総裁]]・[[河野洋平]]に投票(首相に選出されたのは[[細川護煕]])。[[1994年]]、政策集団「リベラルズ」に参加し、リベラルズを母体に[[自由党_(日本 1994)|自由党]](柿澤自由党)が結党され、党首の[[柿澤弘治]]が[[羽田内閣]]で[[外務大臣 (日本)|外務大臣]]に就任し、与党入りする。同年7月、自民党を離党した[[海部俊樹]]を党首に[[自由改革連合]]を結成し、同年末に[[新進党]]に合流。
 
[[1996年]]の[[第41回衆議院議員総選挙]]では、[[小選挙区比例代表並立制]]導入に伴い、[[奈良県第1区|奈良1区]]から[[新進党]]公認で出馬し、再選。[[11月5日]]に新進党を離党。首班指名選挙では、自民党総裁の[[橋本龍太郎]]を支持した。新進党離党後、当面は無所属に留まる意向を示していたが、1ヶ月後の[[12月27日]]に自民党に入党した。新進党離党の理由には「総選挙前、新進党の税制調査会で徹底的に議論した上で「大規模な減税は不可能」という結論を出したにもかかわらず、[[小沢一郎]]新進党党首が総選挙の公示日に突然、十八兆円の大規模減税策を公約に掲げたこと」を挙げている<ref>[[小林よしのり]]「希望の国 日本」167頁([[飛鳥新社]])</ref>。自民党への入党については、「時間がもったいなくなっちゃった」と述べた<ref name="uwasanoshinsou199807"/>。
87

回編集