「フラウト・トラヴェルソ」の版間の差分

m
[[バロック音楽|バロック期]]以前には、西洋音楽において[[フルート]]といえば縦型の[[リコーダー]]の方が主流であったことから、「traverso(横向きの)」という修飾語を付けてフラウト・トラヴェルソと呼ばれていた<ref name="Rekisi">奥田恵二『フルートの歴史』音楽之友社,1978年</ref>。トラヴェルソのうち、バロック期に作られたものは「バロック・フルート」、[[古典派音楽|古典派]]から[[ロマン派音楽|ロマン派]]の時代に作られたものは「[[クラシカル・フルート]]」「[[ロマンチック・フルート]]」と呼んで区別することもある。
 
バロック期における典型的なトラヴェルソには[[トーンホール]]が7つあり、[[歌口]]に近い側の6つの穴は、左手の第2 - 4指と右手の第2 - 4指で直接押さえる。最下流の穴には指が届かないので、右手第5指で押すと穴が開くシーソー形のキーが設けられている。この形態から「1キーフルート」とも呼ばれる<ref name="OneKey">Janice Dockendorff Boland, Method for the One-Keyed Flute, University of California Press, ISBN 978-0-520-21447-7</ref>。頭部管・中部管・足部管の3部分に分割されるものと、頭部管・左手管・右手管・足部管の4部分に分割されるものとがあり、キーは足部管に付いている。モダン・フルートはキーを必ず右側にして構えるが、1キーフルートは足部管を回転させれば左側に構えることもでき、この場合キーは左手第5指で操作する。
 
[[Image:Traverso 003.jpg|thumb|none|600px|フラウト・トラヴェルソ(4分割型,上方は[[音高|ピッチ]]の異なる替え管,復元楽器)]]
キーの付いたトーンホール以外は直接指でふさぐため、必然的にトーンホールの大きさが限られ、小さな音量しか出すことができない上、全体にややこもった暗い感じの音ではあるが、多様な音色を持ち、繊細で豊かな表現が可能である。音域はD4からE6までというものが一般的であるが、B6までの運指が知られており<ref>Janice Dockendorff Boland, Method for the One-Keyed Flute, University of California Press, ISBN 978-0-520-21447-7<name="OneKey"/ref>、A6あたりまでは出しやすい楽器もある。いわゆるD管であるにもかかわず、楽譜は実音で記譜されたため[[移調楽器]]ではない。長調について考えると、D-dur([[ニ長調]])、G-dur([[ト長調]])、A-dur([[イ長調]])は比較的大きな音量で演奏できるが、それ以外の調では[[クロスフィンガリング]]によって出す弱々しく不安定な半音が多くなるため、演奏は容易ではない。つまり、[[五度圏]]の図で D-dur(ニ長調)から遠い調ほど演奏が困難になっていく。
 
== 構造 ==
6,691

回編集