「M51 (モッズコート)」の版間の差分

m
 
;フィッシュテール
また、:特徴的な造りとして、裾の後ろが燕尾状に先割れしており、裾に縫い込まれたドローコード(絞り紐)にて下腿に巻きつけられるようになっている。その裾の独特の形状から欧米等では「フィッシュテールパーカ」などと呼ばれている。特徴あるフィッシュテールを持つパーカは、このM-51のほか、前身である「M-1948パーカ」およびM-51の後継である「[[M65 (パーカ)|M-65パーカ]]」などがある。
 
;生地など
:生地はオリーブグリーン色の薄手の[[平織り]][[コットン]][[ナイロン]]地である。
:生地のヴァリエーションとして、厚手のコットンサテン生地の製品も見られ、この厚手生地のタイプは一般的に「初期型」とされていたが、米軍仕様書では1951年3月の初版スペックからすでにコットンナイロンオックスフォード地を指定している<ref name="MIL-P-11013(QMC)">[http://parkashell.exblog.jp/11699532/ M-51parkaに関する2,3の事柄【[[MIL-P-11013]]】]</ref>ことが確認された。したがって厚手生地の製品の位置付けについては、謎が残されている。
:(厚生地<コットンサテン/コットンツイル>の製品は、確認できる全例が1951年5月21日付コントラクトであり、また同年の7月31日付コントラクトにはすでに薄生地<コットンナイロンオックスフォード>の製品が観察される。このことにより、初年度においては5月コントラクトのみが厚生地で、7月には薄型に移行したのではないかという報告がある。)<ref>http://parkashell.exblog.jp/19697897/</ref>
 
(厚生地<コットンサテン/コットンツイル>の製品は、確認できる全例が1951年5月21日付コントラクトであり、また同年の7月31日付コントラクトにはすでに薄生地<コットンナイロンオックスフォード>の製品が観察される。このことにより、初年度においては5月コントラクトのみが厚生地で、7月には薄型に移行したのではないかという報告がある。)<ref>http://parkashell.exblog.jp/19697897/</ref>
 
;スライドファスナ、スナップボタン
:正面は大型のスライド[[ファスナ]](ジッパー)およびスナップファスナ(ドットボタン)にて閉じる仕様となっている。スライドファスナは、CONMAR製のアルミまたは真鍮、TALON製のアルミまたは真鍮、CROWN製亜鉛仕上げなどが観察される。またスナップファスナの主なメーカーは、RAU、スコービル、ユナイテッドカーなどが観察される。
:なお、このパーカ本体(シェル)にはアタッチメントとして、ウールパイル地の防寒ライナーと獣毛でトリミングされた防寒フードを取り付け、より防寒機能を向上させることができる。
 
なお、このパーカ本体(シェル)にはアタッチメントとして、ウールパイル地の防寒ライナーと獣毛でトリミングされた防寒フードを取り付け、より防寒機能を向上させることができる。
 
== 呼称 ==
「モッズコート」の呼称は、[[1990年代]]以降の日本のアパレル・ファッション業界が発祥と思われる。<ref>http://parkashell.exblog.jp/11640406/</ref>国内における「モッズコート」の定義そのものに混乱が見られ、広義の「モッズコート」は、「ミリタリー風コート」とほぼ同義で使われていることなどが多い。
また、米軍衣料のM-51やM-65は、「パーカ」のほかに「[[M-51 (フィールドジャケット)|フィールドジャケット]]」なども存在し、このことが混乱に一層の拍車をかけている。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[青島俊作#青島のコート]]
 
{{デフォルトソート:M51}}
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
{{DEFAULTSORT:M51}}
{{被服}}
[[Category:アウターウェア]]
匿名利用者