「ざる」の版間の差分

+{{出典の明記}}、記号追加・削除
(+{{出典の明記}}、記号追加・削除)
{{出典の明記|date=2014年8月26日 (火) 16:13 (UTC)}}
[[Image:Seiro_soba_at_Takasho_in_Nezu,_Tokyo.jpg|thumb|200px|ざるそばを盛ったざる二つ]]
'''ざる'''('''笊'''、bamboo basket)とは、竹の薄片やプラスチックなどで編んで、円く、くぼんだ形につくった器のこと<ref name="koujien">広辞苑第六版「ざる」</ref>。
 
== 概説 ==
ざるとは、[[竹]]の薄片やプラスチックなどで[[編む|編んで]]、[[円]]く、くぼんだ形につくった[[器]]のことである<ref name="koujien" />
<ref group="注">百科事典の定義文の出典として用いるには不適切であるが、参考までに紹介すると、特許庁の「意匠分類定義カード」には「食品や食器などの水気を切るのに用いる線状のものを編んだ構造もしくは底部に穴が開けられた構造になっている容器」となっているという([https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C5.pdf 特許庁「意匠分類定義カード(C5-4560)」]) </ref>。
 
元来は[[竹]]を細く薄く裂いたものを網状に編んで作られた容器である。日本に古くから伝わる[[民具]]としてのざるは竹を編んだものであった。だが、近年は針金を編んだ金属製のもの、合成樹脂製のもの、無数の穴が空いた[[ボウル]]のようなもの(穴開きボウル、パンチングボウル、パンチボウルともいう)なども多く普及している。大きさ、深さ、形状、網の目の粗さなどにより非常に多様な種類があるが、一般的には丸い形状で浅く窪んだものを「ざる」と呼ぶことが多い。ただし、亀の甲羅のような形をした亀ザルや、四角形の角ザルと呼ばれるものもある。
*[[法律]]があるにもかかわらず、その規定に抜け穴・抜け道があって問題があるために、法律で取り締まりたい対象がきちんと取り締まれないような場合に、「[[ざる法]]」と[[揶揄]]される。
*チェックの甘い[[会計]]は「ざる会計」と呼ばれる。
*素人の下手な[[碁]]のことを、多くの場合自ら謙遜する文脈で「ざる碁」という。
*対戦型の[[スポーツ]]競技や[[ゲーム]]においては、守備力・防御力が劣っている[[チーム]]や選手などに対する蔑称として用いられる。「ウチのチームは、[[ゴールキーパー]]も[[ディフェンス]]も'''ザル'''だから・・・」などと自嘲表現として用いられる場合もある。