「CLAYMORE」の版間の差分

m
; 幻影を胸に、魔爪の残滓
: ディートリヒからの報告を受けたミリアは悩んだ末に組織へ乗り込むことを決意し、タバサを斬る。一人で組織の戦士たちを圧倒するミリアだったが、双子の戦士やNo.10ラフテラによって追い詰められ、無数の斬撃を浴びてしまう。
: 襲撃失敗の後、報復のため組織は聖都ラボナに大量の妖魔と覚醒者を送り込むも、聖都の兵と残った戦士、そこにデネヴらも合流しこれを撃退することに成功する。一行はミリアを救出するため組織に向かうが、その道中で覚醒者の群れに襲われるNo.7アナスタシアの小隊を救出、彼女らの協力も得た一行はタバサの提案で組織の研究施設を襲撃する。
: 一方、組織ではタバサ達を迎え撃つべく組織の戦士を集結させていたが、戦士たちが突如蜂起。その先頭には戦士たちに殺されたはずのミリアの姿があった。
; 魔女の屍、深淵の爪と牙
: ラフテラや訓練生も含めたすべての戦士に反乱を起こされた組織は、深淵喰いや過去のNo.1を蘇えらせ対抗。さらにそのNo.1たちが覚醒。新たに3体の深淵の者が生まれることとなった。そのうちの2体、カサンドラとロクサーヌは戦士時代の因縁から戦いを始めるが、ミリアと、合流したタバサ達は残るヒステリアのみにも圧倒される。
: 仲間の協力を得たミリアはカサンドラとロクサーヌのもとにヒステリアを誘導、作戦は成功し、深淵同士の戦いに巻き込まれてヒステリアは致命傷を負い、ロクサーヌもまたカサンドラによって喰いつくされた。ミリアはヒステリアに止めを刺そうとするが、その直後ヒステリアの体からプリシラの[[残留思念]]が現れる。何かを呟いたのち残留思念は消滅したが、残る深淵カサンドラもまた同じことを呟き何処かへ去っていった。そんな一行の前に訓練生たちを救出したラキが現れる。
: 一行はすぐさま組織へ向かうも、すでにもぬけの殻だった。ミリアは他の戦士に知られぬよう組織の地下に行き、組織の長リムトと、妖魔の素として生かされていた龍の一族を発見、これらを始末する。組織壊滅の瞬間だった。その後現状について確認した一行はクレア救出のため、ラキを伴いラボナに向かう。
69

回編集