「アレクサンドル・ベンケンドルフ」の版間の差分

→‎top: ロシア語発音に準拠
m (ボット: 言語間リンク 14 件をウィキデータ上の d:Q25672 に転記)
(→‎top: ロシア語発音に準拠)
[[画像:Alexander_von_Benckendorff.jpg|thumb|アレクサンドル・ベンケンドルフ]]
[[File:Alexander von Benkendorff - grave in Keila.jpg|thumb|ベンケンドルフの墓([[2009年]]撮影)。日付は旧暦で、生年は1781年となっている]]
'''アレクサンドル・リストフォロヴィチ・ベンケンドルフ[[伯爵]]''' ([[ロシア語]]:'''{{Lang|rus|Александр Христофорович Бенкендорф}}''', [[ドイツ語]]:'''アレクサンデル・フォン・ベンケンドルフ'''; '''Alexander von Benckendorff''', [[1783年]][[7月4日]] - [[1844年]][[9月23日]])は、[[帝政ロシア]]の[[軍人]]、[[政治家]]。[[陸軍中将]]。[[バルト・ドイツ人]][[貴族]]の出身。[[1812年]][[ナポレオン戦争]](ロシアでは祖国戦争)において、[[アレクサンドル1世]]の大本営で上級副官、騎兵将軍を務めた。その後、[[ニコライ1世]]の時代に[[皇帝官房第三部]]初代長官、[[憲兵隊]]長を務めて反動体制の一翼を担った。
 
1783年(墓石には[[1781年]]と刻まれている)、レヴァル(現在の[[エストニア]]の首都、[[タリン]])にバルト・ドイツ人貴族の家に生まれる。2歳下の弟に軍人、外交官の[[コンスタンチン・ベンケンドルフ|コンスタンチン・リストフォロヴィチ・ベンケンドルフ]]伯爵、妹に[[ロンドン]]、[[パリ]]社交界で有名な貴婦人であった[[ダリヤ・リーヴェン]]公爵夫人がいる。
 
[[1806年]]以降の[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]との戦いに出征し、[[1812年]]にナポレオンが[[1812年ロシア戦役|ロシア遠征]]を開始するとベリシ(ヴェリシ、[[w:Velizh]])で[[大陸軍 (フランス)|大陸軍]]と対峙し、フランス軍の将軍3名を捕虜にするなどの戦果を挙げた。大陸軍が[[モスクワ]]から退却した後、モスクワ駐留軍司令官に任命される。さらにナポレオンを追撃すべくヨーロッパ派遣軍に参加し、テンペルベルク(Tempelberg)でフランス軍を撃破し、[[ベルリン]]に入城した。さらに[[ライプツィヒ]]での戦闘と、[[オランダ]]からでフランス軍を掃討し名を上げた。
 
ベンケンドルフは生涯に渡って日記を付けており、[[2001年]]に1812年と1813年の分が出版された。
 
==関連書籍==
* Ronald Hingley, ''The Russian Secret Police: Muscovite, Imperial, and Soviet Political Security Operations'' (Simon & Schuster, New York, 1970). ISBN 0671208861