「北斗星君」の版間の差分

編集の要約なし
m (cat stub)
編集の要約なし
'''北斗星君'''(ほくとせいくん、Beidou-shengjun)は、中国において、[[北斗七星]]が[[道教]]思想によって神格化されたもの。「死」を司っており、死んだ人間の生前の行いを調べて、地獄での行き先を決定するという、日本でいう所の[[閻魔]]のような役目を持つ。
 
一説によると、その姿は、氷のように透き通った衣に身を包む醜い老人だとされる。
匿名利用者