「吉備国際大学短期大学部」の版間の差分

:* 岡山県立高梁高等学校の前身の一つに'''順正女子校'''があり、同校の旧寮は県文化財の指定を受けている。
:* 高梁高等学校の統合設置に伴って校舎位置が変更される事になり「順正」の名と流れを汲む学校が無くなる事を地元が懸念。その声を受け、[[岡山理科大学]]を擁する学校法人加計学園が[[高梁市]]と共同出資を行い学校法人高梁学園が誕生する。
:* '''順正'''とは無論、旧順正女学校より取られた名であり、これは地元の要望によるものである。そもそも本来の意味は、順正女学校がその理念としていた'''温順貞正'''(おんじゅんていせい)という熟語であり校名もここから取られたものとされる。その意味は「優しく(温)素直にして(順)明らかに正しい(貞正)」者を示し、そうした人間を育成する事を最大の目標としている。
* [[1967年]] 学校法人高梁学園設置。'''順正短期大学'''が設置開学される(設置認可、同年1月)
:* 保健科<ref>在学者数は女子45人となっていた。</ref>
:* 保育科<ref>在学者数は33人(うち男子1人)となっていた。</ref>
:* 学園設置における地元の要望を受け、新設置される学校に「順正」の名前を残す。とはいえ、現実には前述の「順正女子校」と「順正短期大学」は運営主体が全く違う別の学校であり、直接的な運営歴史の流れには無い。ただし「同じ場所に在する私立学校」という共通点と「名を戴き理念を受け継ぐ」という地元および設立者の思いから、県営移管により旧順正女子から直接の運営歴史を継承している高梁高校と同様「順正女子校」の設立者である[[福西志計子]]を'''学祖に準ずる者'''として扱う事がある。(公称上の学祖は[[加計勉]])
* 同年9月:保育科、当時の[[厚生大臣]]によって正式な保母(現在の[[保育士]])養成学校に指定される。
* [[1969年]] [[11月]] 保健科が文部大臣より歯科衛生士学校として指定される。
匿名利用者