「福西志計子」の版間の差分

結果として福西が教育の理想を掲げた頼久寺町・伊賀町に再び「順正」の名が掲げられるのは、国体主義崩壊後となる[[戦後]]の事である。しかも[[1967年]]の'''[[吉備国際大学短期大学部|順正短期大学]]'''設立まで待つ事となった。<ref>倉田,2006年、p300</ref>
 
そのきっかけとなったのが岡山県当局の主導で行われた[[1966年]]の高梁高等学校伊賀町校舎の廃止である。これに反発したのが地元・伊賀町および頼久寺町、さらには福西の教え子たちともいえる順正女学校・順正高等女学校・高梁高等女学校・高梁高等学校家政科と連綿と歴史を紡いで高梁の地に根を下ろしてきた「順正の卒業生」たちであった。彼女らは自らが慣れ親しんだ伊賀町から学び舎の灯が消える事を嘆き、その悲痛を高梁市に申し入れたのである。市は伊賀町校舎の跡地活用として様々な模索をしてきたが、最終的には彼女らの陳情を受諾し、教育機関を誘致することを決定。当時、岡山県・[[広島県]]の各地で教育機関を設置させ、運営実績のあった[[加計勉]]に誘致を打診する。加計は「順正の卒業生」たちの願いと、それを汲まんとする市当局の熱意に応え、高梁市と共同出資の形で「学校法人 高梁学園」<ref group=~"注">のちの順正学園</ref>を設立。順正女学校跡地に共学校である「順正短期大学」を新設させた。新設校に「順正」の名を遺したのも、福西の業績を忘れぬためにと卒業生たちが加計に対し陳情した結果である。<ref>倉田,2006年、p299</ref>
 
もちろん現在、伊賀町に設置された高等教育機関<ref group="注">[[吉備国際大学]]および[[吉備国際大学短期大学部]]。順正短期大学を発端として発展してきた順正学園の教育機関群</ref>は福西の設立したものではなく、キリスト教主義学校の精神も持ってはおらず<ref group="注">そもそも国体主義時代直前に他ならぬ高梁高等女学校によってその理想は破棄されている</ref>しかも共学校<ref group="注">これは経営上の問題もあるが、福西自身が上記した通り男女平等主義者であった解釈に基づいて'''男女ともに差別なき同じ教育を提供する'''という趣旨による</ref>である。されど高梁市伊賀町という土地に再び「順正」の名を冠する学校が創られたのは、紛れも無く福西が高梁の地に撒いた女子中等教育と高等教育への意志、そして、これらを受け継いだ教え子たちの思いがあっての事であるとされている。<ref>倉田,2006年、p301</ref>ゆえに、順正(旧・高梁)学園は福西を「学祖に準ずる者」として推戴し、その業績を史跡「順正寮」(順正女学校の校舎跡)として遺し伝えている。<ref>[http://junsei.ac.jp/edu/guide/origin.html 順正の由来 - 学校法人 順正学園]</ref>
匿名利用者