「福西志計子」の版間の差分

大まかな評伝としては「男勝りで実行力に富み、自己にも他者にも厳しく接する人物」とされている。<ref>倉田,2006年、p198</ref>
 
福西は幼い頃の父親との死別により、母子家庭の娘として生きていかねばならなかった。その後、志計子が婿をとるまでの間、当主名代として福西家を廃嫡させずに存続させたのは、他ならぬ彼女の母親であり、その母親の「父なし娘と侮られぬよう、きちんとした学問を身につけて欲しい」との願いにより志計子は山田方谷の元へと藩の男子や他藩よりの遊学生に交ざって学問を修める事になった。また、結婚後も幕末から明治初期にかけての混乱を切り抜け、備中松山藩の士族として貧窮に甘んじる<ref group="注">当時の備中松山藩は幕府軍として戦い、志計子の夫であった助五郎も、藩主[[板倉勝静]]を助けるために[[鳥羽伏見の戦い]]と[[戊辰戦争]]に赴いている。(高梁歴史人物辞典より) 明治期において「賊軍の士族」であった松山藩士たちは、総じて様々な局面で、苦境に立たされることとなった。その中で助五郎は、のちに勝静が設立した第八十六国立銀行(のちの[[中国銀行 (日本)|中国銀行]])の行員になったと伝えられている。(倉田,2006年、p218)</ref>事にもなった。この体験は志計子に「'''たとえ女子と言えども、事あらば男子に匹敵する、あるいはそれを超える働きが求められる'''」という経験則と「'''女であるというだけで、男に劣るなどという事は決して無い'''」という意識を与えた。すなわち福西はキリスト教の「神の下の平等」に触れる以前より'''男女平等主義'''をその身に刻んでいたとされている。<ref name="p71">倉田,2006年、p71</ref>
 
男女平等主義者であった福西だが、しかして、その原因を単に男性側の意識や単なる社会構造の問題ととらず「'''女性側に学問を学ぶ機会が与えられないためである'''」と捉えた。これもまた自らが方谷門下として男性たちに互して学問に研鑽した過去にあるとされる。女性側の知性と意識が高まり理に敵う行動が出来れば、男性と同様の実績を積める、という事を前述の経験則によって知っていた福西は、それゆえにこそ女性地位向上・男女平等の理想への近道を社会改革や示威活動ではなく、女子教育(と職業女性の推進)にこそ求めたのだとされている。<ref name="p71"></ref>
匿名利用者