「フットメザ」の版間の差分

m
→‎概要・歴史: 内部リンク修正
m (→‎概要・歴史: 内部リンク修正)
フットメザは子供たちが、洋服のボタンや時計カバーなどを使って机の上でサッカーゲームをする遊びとして発祥し、[[1929年]]にジェラルド・カルドゾ・デ・デコルトという人物によって公式ルールが制定され、スポーツレクリエーションとして定着するようになる。その後[[1988年]]にブラジルスポーツ評議会から正式にスポーツ種目として認められた。ブラジルでは全国に14ものフットメザ愛好家による[[リーグ戦]]が展開されており、その競技者人口は延べ3万人ともいわれる。2009年には[[ハンガリー]]で第1回世界選手権大会が行われ、[[2012年]]には本種目の発祥の地・ブラジルで第2回の世界大会が盛大に行われた。<ref name="フットメザ歴史">[http://www.futmesa.jp/?page_id=33 フットメザの歴史]</ref>
 
競技は、卓上に置かれたサッカー場を模したゲーム盤の上に、選手の役目をする円盤を置いて、[[おはじき]]の要領でボールをパスやドリブルしてゴールを狙うという形式である。通常のサッカーと同じように[[スローイン]]や[[セットプレー]]([[コーナーキック]]、[[ペナルティーキック]]、[[フリーキック (サッカー)|フリーキック]])なども存在する。<ref name="フットメザルール">[http://www.futmesa.jp/wp/wp-content/uploads/2014/06/rule.pdf フットメザルール]</ref>
 
また種目により「1タッチルール」「3タッチルール」「12タッチルール」があり、それぞれ規定回数までにシュートを打つこともルールとして定めている<ref name="フットメザ歴史"/>