「ヴァツワフ・シェルピニスキ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(w:Waclaw_Sierpinski を翻訳)
 
m
'''ヴァツワフ・シェルピニスキ'''('''Wacław Franciszek Sierpiński''', 、'''シェルピンスキー'''、[[1882年]][[3月14日]]-[[1969年]][[10月21日]])とは、[[ワルシャワ]]で生没した[[ポーランド]]の[[数学者]]である。彼は[[集合論]]([[選択公理]]や[[連続体仮説]]に関する調査)や[[数論]]、[[関数論]]、[[位相幾何学]]に対する多大な貢献をしたことで知られている。彼は、700部を越す論文と、50冊の本を出版した(そのうちの 2 つ、Introduction to General Topology ([[1934年|1934]]) と General Topology ([[1952年|1952]]) は、[[カナダ]]の[[数学者]] Cecilia Krieger によって英訳されている)。
 
3 つの有名な[[フラクタル]]が、彼の名にちなんでいる([[シェルピンスキーの三角形]]、[[シェルピンスキーのカーペット]]、[[シェルピンスキー曲線]])。
 
== 教育 ==
ルピンスキーは[[1899年]]、[[ワルシャワ大学]]の理数学科に入学し、その 4 年後に卒業した。[[1903年]]、まだ[[ワルシャワ大学]]にいたころ、理数学科が生徒を対象に、Voronoy の数論に対する貢献について、最も優秀な小論文に賞を出すと発表した。これに対しシェルピンスキーは、自分の小論文で金メダルを獲得した。これが、彼の最初の有名な数学の功績の土台となったのである。彼は、自分の作品が[[ロシア語]]で出版されることに気乗りしなかったため、これを[[1907年]]、Sumuel Dickstein の数学誌「The Works of Mathematics and Physics」が出版されるまで控えた。
 
[[1904年]]の卒業の後、シェルピンスキーはワルシャワで、理数科の教師として働いた。ところが、学校がストライキで閉鎖してしまったため、シェルピンスキーは[[博士号]]を取るため[[クラクフ]]へと発った。クラクフの[[ヤゲロニアン大学]]で、彼は Stanisław Zaremba による数学の授業に出席した。彼はまた、[[天文学]]や[[哲学]]も学んだ。彼は博士号を取り、[[1908年]]、[[リヴィウ大学]]に就いた。
253

回編集