「ロバート・ジョンソン」の版間の差分

→‎生涯: 単なる羅列の修正
(百科事典を前提とする場合、解説文に「彼」という呼称は適切ではありません)
(→‎生涯: 単なる羅列の修正)
[[1936年]][[11月]]、ジョンソンは[[テキサス州]][[サンアントニオ]]で初めてのレコーディング・セッションに臨み、3日間で16曲をレコーディングした。[[1937年]][[6月]]には二度目のレコーディングのために[[ダラス]]に赴き、13曲を残している。彼が生涯に残したレコーディングは、この2回の合計29曲(42テイク)だけである。
 
翌1938年8月16日にジョンソンは27歳で死去した。その死因については「ダンスパーティーで知り合った人妻と不倫をしたため、夫により飲み物に[[ストリキニーネ]]を盛られて[[毒#利用|毒殺]]された」、「人妻との情事を夫に目撃され、その場で刺殺された」など諸説あり不明である。ジョンソンの妹は病死だったとしている。上記のクロスロード伝説では、ジョンソンを殺したものは悪魔であると語られている。亡くなったミシシッピ州グリーンウッドの役場に提出された彼の[[死亡届]]は、彼の死因「No Doctor」とだけ記載されている。上記ちなみにそクロス年の暮れ、その事実を知らなかったプデュサーの[[ジョン・ハモン伝説]]が[[カーネギー・ホール]]は、彼の開催予定ていものは悪魔であ「スピリチュアル・トゥ・スウィング・コンサート」にジョンソンを出演させため、捜し回ったいうエピソードが伝えられている。
 
1938年暮れ、プロデューサーの[[ジョン・ハモンド]]が[[カーネギー・ホール]]での開催を予定していた「スピリチュアル・トゥ・スウィング・コンサート」にジョンソンを出演させるため、彼を捜してまわったが、その時にはジョンソンは死去していた。
 
[[1961年]]にジョンソンのレコーディングがLP『King of Delta Blues Singers』でリリースされ、ジョンソンの音楽は再び注目を集めるようになった。
[[1989年]]には初めてジョンソンの写真が公開され話題を呼んだ。そして翌[[1990年]]には、これまで未発表だった別テイクも収録した『The Complete Recordings』がリリースされた。このジャケットに使われていた写真は前年公開されたものとは別のもので、これもここで初めて披露されたものであった。2007年、ジョンソンがミュージシャンのジョニー・シャインズと共に写っている写真が発見され、数年に渡る鑑定の結果、2013年2月にジョンソン本人と確認された。
 
[[2011年]]には、『The Complete Recordings』をリマスターして、『The Complete Recordings』に未収録だった「Traveling Riverside Blues」の別バージョンも収録した『The Centennial Collection』がリリースされた。『The Complete Recordings』と比較するとノイズが増えたが、音質が向上した。
『The Complete Recordings』と比較するとノイズが増えたが、音質が向上した。
 
ジョンソンは他に1人の息子をもうけており、彼の[[孫]]は今もヘイズルハースト近郊に住んでいる。