「福西志計子」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 人物 ==
大まかな評伝としては「男勝りで実行力に富み、自己にも他者にも厳しく接する人物」とされている。<ref>倉田,2006年、p198</ref> その様はまさに「女傑」という言葉に値する、と評される場合もある。<ref>倉田,2006年、p208</ref>しかし、その行動の中には常に深い女性として人間としての深い「愛情」があったとされている。<ref>倉田,2006年、p213など</ref>
 
=== 体験によって得た男女平等主義 ===
福西は幼い頃の父親との死別により、母子家庭の娘として生きていかねばならなかった。その後、志計子が婿をとるまでの間、当主名代として福西家を廃嫡させずに存続させたのは、他ならぬ彼女の母親であり、その母親の「父なし娘と侮られぬよう、きちんとした学問を身につけて欲しい」との願いにより志計子は山田方谷の元へと藩の男子や他藩よりの遊学生に交ざって学問を修める事になった。また、結婚後も幕末から明治初期にかけての混乱を切り抜け、備中松山藩の士族として貧窮に甘んじる<ref group="注">当時の備中松山藩は幕府軍として戦い、志計子の夫であった助五郎も、藩主[[板倉勝静]]を助けるために[[鳥羽伏見の戦い]]と[[戊辰戦争]]に赴いている。(高梁歴史人物辞典より) 明治期において「賊軍の士族」であった松山藩士たちは、総じて様々な局面で、苦境に立たされることとなった。その中で助五郎は、のちに勝静が設立した第八十六国立銀行(のちの[[中国銀行 (日本)|中国銀行]])の行員になったと伝えられている。(倉田,2006年、p218)</ref>事にもなった。この体験は志計子に「'''たとえ女子と言えども、事あらば男子に匹敵する、あるいはそれを超える働きが求められる'''」という経験則と「'''女であるというだけで、男に劣るなどという事は決して無い'''」という意識を与えた。すなわち福西はキリスト教の「神の下の平等」に触れる以前より'''男女平等主義'''をその身に刻んでいたとされている。<ref name="p71">倉田,2006年、p71</ref>
 
男女平等主義者であった福西だが、しかして、そ当時の社会における女性蔑視の原因を単に男性側の意識や単なる社会構造の問題ととらず「'''女性側に学問を学ぶ機会が与えられないためである'''」と捉えた。これもまた自らが方谷門下として男性たちに互して学問に研鑽した過去にあるとされる。女性側の知性と意識が高まり理に敵う行動が出来れば、男性と同様の実績を積める、という事を前述の経験則によって知っていた福西は、それゆえにこそ女性地位向上・男女平等の理想への近道を社会改革や示威活動ではなく、女子教育(と職業女性の推進)にこそ求めたのだとされている。<ref name="p71"></ref>
 
=== 博愛主義者 ===
こうした体験を経て方谷の元で理知と実行力を学んだ福西であったが、その元に常に理(または利)詰めで動いていたのかといえば実はそうではなく、その行動には常に博愛精神がついて回っていたという。幼きにおいては方谷より賜った至誠惻怛に基づく、長じてはキリスト教的博愛主義に基づいた、双方に共通する「人間愛」の精神<ref group="注">福西の生涯を研究した倉田和四生は、これを「福祉の心」と称している。(倉田,2006年、p65)</ref>を、福西は常に尊重し続けたと言われており、順正女学校の理念もまた、それに基づく「温'''順'''貞'''正'''」であったという。<ref>倉田,2006年、p63,p65,p220など</ref>
 
 
実際、福西は女学校において風紀や躾に厳しく、特に社会に出て有用な人材になれるようにと学問と技術を教授する事に情熱を注いだ。それはすなわち生徒への愛情ゆえの厳しさであったわけだが、その様は、まさに「母」とするには苛烈で「父」と形容するに足るものであった。福西の指導に心を疲弊させた生徒のメンタルケアを担当したのは、彼女の盟友であった「順正のお母さま」木村静であり、初期順正女学校の慈愛精神は、この二人の「愛の両輪」こそがそれを支えていたのである。<ref name="p165"></ref>
 
=== 信仰者として ===
かつて高梁教会によって幼少期の虐待から救い出され、福西に匿われながら青年期を過ごした[[留岡幸助]]<ref>倉田,2006年、p169</ref>は、自著『信仰美談』において、福西を日本キリスト教の歴史上において[[細川ガラシャ]]、[[丹波ノブ]]に並ぶ「信仰の人」であると評した。<ref>倉田,2006年、p172</ref>留岡にとって福西は信仰上の姉分にあたるため、身内贔屓の側面は決して否定できないが、それを勘案してなお留岡は福西の信仰の姿勢を高らかに褒め称え、順正女学校の設立と以降において女学校が優秀な人材を輩出していった成果を「信仰の力」と評している。<ref>基督教新聞。明治31年9月2日発行、第789号より(倉田,2006年、p173)</ref>
 
[[1880年]]に[[新島襄]]の高梁での伝道を聞いた福西は、そこに幼い頃より方谷を通して体感していた至誠惻怛の精神、すなわち「博愛主義」や体感していた「平等主義」が体現されている事に気付く。未だ高梁という地の当時の価値観においては異端であった、その考えを肯定してくれる、この教えは福西にとっては正真正銘の福音であったとも言われる。以降、福西は真摯に、この信仰と向き合う事となった。
 
明治期に高梁において起こった3回の反教運動<ref group="注">高梁では明治17年に3回、反教運動が起こっている。うち1回(明治17年7月17日)は教会への[[投石]]と共に、地元の児童に反キリスト教の言葉を叫ばせ教徒たちの社会性と人格(いわば土地における生存権)を完全に否定するという苛烈かつ悪質なものであった。(倉田,2006年、p104)</ref>を超え、公職を追われてなお棄教に至らなかった福西の信仰への姿勢は疑いようが無いとされる。
 
=== 高等教育への理想と結末 ===
匿名利用者