「山田景隆」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (導入部の整理)
m編集の要約なし
| 特記事項 =三河奉行人・岡崎城代}}
 
'''山田 景隆'''(やまだ かげたか))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武士。[[今川家]]の重臣で同家の三河奉行人とも。[[弘治 (日本)|弘治]]〜[[永禄]]初期には[[松平広忠]]が早世して城主不在となった[[岡崎城]]の城代を勤めた。通称は'''新衛門尉(しんえもんのじょう)'''、右近衛門尉(うこんえもんのじょう)。
 
家紋は丸に二つ引([[引両紋]])。
=== 三河奉行人 ===
今川家における三河方面の奉行人であったとされる。
[[天文 (元号)|天文]]20年([[1551年]])12月2日付けで、[[松平忠茂|松平甚太郎]](忠茂)宛に「山新 景隆」名儀で[[飯尾乗連]](豊前守)・[[二俣長]](近江守)らと連署を加えた血判起請文が知られている。文書の内容から山田景隆ら連署の3名は三河方面の今川方諸士に対し軍事指揮権を持っていたと推測されている(参考文献の1、547-550頁)。
 
=== 岡崎城代 ===