「十河存保」の版間の差分

編集の要約なし
'''十河 存保'''(そごう まさやす、「ながやす」と読む説もあり[[天文 (元号)|天文]]23年([[1554年]]) - [[天正]]14年[[12月12日 (旧暦)|12月12日]]([[1587年]][[1月20日]]))は[[三好氏]]の一族。実父は[[三好長慶]]の弟・[[三好義賢]]。子に[[十河存英]]。
 
義賢の弟・[[十河一存]]の養子となり、[[1561年]]、一存の死によって家督を相続する。三好氏が[[織田信長]]と敵対したとき、存保は信長と争ったが、やがて四国平定を目指す[[長宗我部元親]]の勢力が伸びてくるとそれに対抗するため、信長と手を結んだ。後に兄である[[三好長治]]が討たれると[[勝瑞城]]に入り、実質上の三好宗家の当主となった。
匿名利用者