「経験則」の版間の差分

編集の要約なし
'''経験則''' (けいけんそく、''empirical rule''<ref>[http://encyclopedia2.thefreedictionary.com/empirical+rule empirical rule]</ref>) とは、[[経験]]的[[事実]]にもとづいて得られた[[法則]]のこと。
 
[[天気]]に関する経験則を[[ことわざ]]にしたものを[[天気俚諺]](てんきりげん)と言う。
[[村上雅房]](瀬戸内海の水軍の頭領)は康正2年([[1456年]])に出した『[[船行要術]]』において天気に関する経験則を30ほど挙げた。
 
* (日本での天気)[[夕焼け]]ならば翌日は晴れ。
*「[[郷に入れば郷に従え]]」<ref>日本コミュニケーション学会『現代日本のコミュニケーション研究』三修社、2011</ref>
* (神経トレーニング)[[手]]・[[指]]の巧みさをトレーニングすることは[[高齢者]]の[[神経筋]]機能]]の改善に有効<ref>藤原 勝夫『運動・認知機能改善へのアプローチ―子どもと高齢者の健康・体力・脳科学』市村出版、2008。p.61</ref>
* アメリカの先進企業の経験則 -(人間は皆、自分にとって都合が悪いことは少なく伝えようとしてしまうので)[[上場企業]]では[[事件]]や[[事故]]が発生したら、まず30人から情報収集しなければならない<ref> 東京海上リスクコンサルティング『図解入門ビジネス 最新 リスクマネジメントがよーくわかる本―トップカンパニーが教える「危機管理学」入門』秀和システム、2004 p.259</ref>。
* パワー[[リレー]]においては[[接点]]の[[径]]を小さくすると電気的[[耐久性]]が低下する<ref>高見 幸二 , 土田 誠 「抵抗溶接CAEを用いた電気接点の熱解析 : (1)モデリングと加熱条件(トライボロジ,一般)」電子情報通信学会技術研究報告、2012-10</ref>。
匿名利用者