「サモ・フバット」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ワンツスリッフォー がページ「サモ・フバド」を「サモ・フバット」に移動しました: スロベニア語で語末のdはtと同様の発音)
m編集の要約なし
'''サモ・フバット'''(Samo Hubad, [[1917年]]<ref>[http://ml.naxos.jp/artist/62683 Naxos]</ref>[[7月17日]]<ref>[http://www.naxoslicensing.com/artist/62683/]</ref> - )は、[[オーストリア]]出身の[[指揮者]]<ref>[http://dic.academic.ru/dic.nsf/enc_music/8244/%D0%A5%D1%83%D0%B1%D0%B0%D0%B4]</ref>。
 
[[オーストリア=ハンガリー帝国]]領[[リュブリャナ]]の出身。リュブリャナ音楽院で[[スラヴコ・オステルツ]]に作曲、ダニロ・シュバラに指揮を学ぶ。またプラハでも[[ヴァーツラフ・ターリヒ]]の薫陶を受けた。1942年から1958年までリュブリャナの歌劇場で指揮をとったが、その間の1945年にスロヴェニア放送のビッグ・バンドに参加し、ボヤン・アダミックの下で作曲のレッスンも受けた。1955年から1957年までザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を兼任した後、1959年から1964年までザグレブ歌劇場の首席客演指揮者として指揮台に上がった。1956年から1966年までスロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を歴任し、1960年から1980年まで[[スロヴェニア放送交響楽団]]の首席指揮者を務めた。