メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
[[天文 (元号)|天文]]23年([[1554年]])、井上之正の子として生まれる。
天文23年(1554年)、井上之正の子として生まれる。[[黒田職隆]]、[[黒田孝高|孝高]]、[[黒田長政|長政]]、[[黒田忠之|忠之]]の4代に仕え、[[小田原征伐]]、[[文禄・慶長の役|朝鮮出兵]]、[[関ヶ原の戦い]]に参加した。特に関ヶ原の戦いでの[[石垣原の戦い]]では、[[大友氏]]の家臣・[[吉弘統幸]]を討つ武功を挙げた。主君・長政の[[筑前国]]への移封の際に[[黒崎城]]を築き、1万6000石を領した。[[福岡藩]]の[[お家騒動]]である[[福岡藩#黒田騒動|黒田騒動]]が起こると[[栗山利章]]と結んで[[倉八正俊]]を排斥した。
 
天文23年(1554年)、井上之正の子として生まれる。[[黒田職隆]]、[[黒田孝高|孝高]]、[[黒田長政|長政]]、[[黒田忠之|忠之]]の4代に仕え、[[小田原征伐]]、[[文禄・慶長の役|朝鮮出兵]]、[[関ヶ原の戦い]]に参加した。特に関ヶ原の戦いでの[[石垣原の戦い]]では、[[大友氏]]の家臣・[[吉弘統幸]]を討つ武功を挙げた。主君・長政の[[筑前国]]への移封の際に[[黒崎城]]を築き、1万6000石を領した。[[福岡藩]]の[[お家騒動]]である[[福岡藩#黒田騒動|黒田騒動]]が起こると[[栗山利章]]と結んで[[倉八正俊]]を排斥した。
寛永11年(1634年)死去。
 
[[寛永]]11年(1634([[1634]])死去。
 
== 逸話 ==
之房が[[石垣原の戦い]]で討ち取った[[吉弘統幸]]は、大友氏の[[改易]]後[[立花宗茂]]に仕官するまでの間、之房の元に身を寄せていた。統幸は[[豊臣秀吉]]から「無双の槍使い」と賞讃されて一対の朱柄の槍を許されていた豪傑であったが、敵将小田九朗左衛門など30~40人を自ら討ち取るも重傷を負い、友の之房に功を挙げさせるため、自刃して討たれたといわれる。
 
== 登場作品 ==
36,741

回編集