メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
}}
 
'''マイソール王国'''(マイソールおうこく、[[英語]]:Kingdom of Mysore, [[カンナダ語]]:ಮೈಸೂರು ಸಾಮ್ರಾಜ್ಯ)は、[[14世紀]]末から[[20世紀]]中頃にかけて、[[南インド]]、現在の[[カルナータカ州]]の[[マイソール]]地方に存在した[[ヒンドゥー]][[王朝]](一時[[イスラーム王朝]])([[1339年]] - [[1947年]])。首都は[[マイソール]](現[[マイスール]])と[[シュリーランガパッタナ]]。
 
マイソールを首都においたためこの名がある。その歴史の多くをヒンドゥーの[[ウォディヤール朝|ウォディヤール家]]({{lang-kn|ಒಡೆಯರ್}} {{lang|en|Wodiyar}})が治め、[[1760年]]以降にムスリム支配におかれ、[[1799年]]より[[イギリス東インド会社]](後に[[イギリス領インド帝国]])の支配下となり、ウォディヤール家に戻り、マイソール[[藩王国]]と呼ばれた。
 
{{インドの王朝}}
{{DEFAULTSORT:まいそるおうこく}}
[[Category:マイソール王国|*]]
[[Category:インドの王朝]]
[[Category:イスラム王朝]]
匿名利用者