「モノカルチャー」の版間の差分

m (+image)
{{複数の問題
{{出典の明記|date=2010年12月}}
|雑多な内容の箇条書き=2014年9月11日 (木) 15:05 (UTC)
{{|出典の明記|date=2010年12月}}
[[ファイル:Sugar cane 2.JPG|thumb|広大な[[サトウキビ]]の[[プランテーション]]([[インド]])]]
'''モノカルチャー'''({{lang-en|Mono culture}})とは、直訳するとmono(単一)のculture(栽培/文化)であり、多くの場合、単一の[[農作物]]を生産する[[農業]]形態を指す。
近年では'''モノカルチャー精神'''や'''モノカルチャー経済'''として単一の[[精神]]、単一の[[経済]] と言った使い方もされている。
 
'''単一文化'''のことを'''モノカルチャー'''と呼ぶこともある<ref>[http://dictionary.infoseek.co.jp/?spa=1&sc=1&se=on&lp=0&gr=ml&qt=%A5%E2%A5%CE%A5%AB%A5%EB%A5%C1%A5%E3%A1%BC&sm=1&sv=KN]</ref>。
 
== 概要 ==
[[植民地]]化された土地で、支配国で需要の高い農作物を集中的に生産させた事が始まりである。例えば、[[オランダ領東インド]](現在の[[インドネシア]])における商品作物の強制栽培制度があげられる。これにより、支配国は効率よく農作物を得ることができた。1944年に[[メキシコ]]で実施された[[緑の革命]]もモノカルチャーである。
 
代表的な作物に[[サトウキビ]]、[[パラゴムノキ|天然ゴム]]、[[トウモロコシ]]、[[穀物]]、[[パルプ]]、[[コーヒー豆]]などがある。多くは主食たりえないものばかりであり、現地住民は商品経済に組み込まれ自給能力を失い、飢餓の原因ともなった。また、特定の産業に力を入れたためにそれ以外の産業が発達しなかった。
 
また多くの旧植民地は独立後、様々な産業を発達させる努力をしているが、そのために必要な資金を得るために[[植民地]]時代の輸出品に頼らないといけない国もあり、モノカルチャーへの依存から脱却できていないことが多い。
また、特定の産業に力を入れたためにそれ以外の産業が発達しなかった。
 
また多くの旧植民地は独立後、様々な産業を発達させる努力をしているが、そのために必要な資金を得るために[[植民地]]時代の輸出品に頼らないといけない国もあり、モノカルチャーへの依存から脱却できていないことが多い。
 
== メリット ==
 
== 関連項目 ==
* [[バナナ共和国]]
* [[プラフルヘシオ・バーションィスタ]]
* [[ドール・フード・カンパニー]]
*[[フルヘンシオ・バティスタ]]
* [[調所広郷]]
*[[ドール・フード・カンパニー]]
*[[調所広郷]]
 
{{DEFAULTSORT:ものかるちや}}
匿名利用者