「帰納的可算集合」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
これが'''半決定可能集合''' (semidecidable set) と時に呼ばれるのは前者の条件に由来する。また、'''計算可枚挙集合'''(computably enumerable set)という用語は後者の条件に由来する。略して '''r.e.''' あるいは '''c.e.''' と書くが、これは出版物にもよく出現する。
 
[[計算複雑性理論]]において、全ての帰納的可算集合を包含する[[複雑性クラス]]を '''[[RE (計算複雑性理論)|RE]]''' と呼ぶ。[[再帰理論]]においては、 包含された関係に基づく r.e. 集合の[[束論|束]] (lattice) を <math>\mathcal{E}</math> と書く。
 
== 形式的定義 ==