メインメニューを開く

差分

; 向坂リクオ
: [[声優|声]] - [[福山潤]]
: 本作の[[主人公]]で、物語の[[語り手]]。通称「'''リクオ'''」。普通の男子高校生。[[11月26日]]生まれ<ref>イヴの時間公式オフィシャルブックより。なお、この日付はリクオを演じる福山の誕生日と同じである。</ref>。両親、姉・ナオコとの4人暮らし。自宅にはハウスロイドのサミィがおり、この時代の人間の常識として、ハウスロイドであるサミィを「便利な道具」とみなして、人間扱いすることがないように気をつかっているが、基本的にはサミィを信用している。「[[ロボット三原則]]」には疎いが、プログラムやデジタルツールには詳しい。父親はハウスロイドに携わる仕事をしているらしい。物腰は穏やかで人当たりもいいが、思ったことをすぐ口に出す、女性の胸をジロジロ見るなど、場の空気を読むのは苦手でデリカシーにも欠けている。ただし、意外な芯の強さをみせることもある。14歳までピアノを弾いていたが、受賞したコンクールに突如乱入したロボットの演奏が話題を独占してしまい、それがきっかけでピアノをやめた。
; 真崎マサカズ
: 声 - [[野島健児 (声優)|野島健児]] / [[三瓶由布子]](少年時代)
: リクオの中学時代からの友人。通称「'''マサキ'''」。[[3月16日]]生まれ<ref>イヴの時間公式オフィシャルブックより。なお、この日付はマサキを演じる野島の誕生日と同じである。</ref>。法律志望の「[[特待生]]」でリクオと違い「ロボット三原則」に詳しい。父親が「倫理委員会」に務めている。両親の離婚によりロボットに育てられた過去を持つ。リクオと比べてドライな部分がある反面、感情的になりやすい。
; サミィ
: 声 - [[田中理恵 (声優)|田中理恵]]
1,931

回編集