「函館の女」の版間の差分

作曲の島津伸男さんから聴いたエピソード
(作曲の島津伸男さんから聴いたエピソード)
}}
「'''函館の女'''」(はこだてのひと)は、[[北島三郎]]の14枚目の[[シングル]]。 [[1965年]][[11月10日]]に[[日本クラウン]]から発売された。本作は140万枚<ref name=yomi890312>『[[読売新聞]]』1989年3月12日付東京朝刊、37頁。</ref>を記録する大ヒットとなった。
作曲の島津は函館に行ったことがなかったが明るい港町というイメージで作った。実際に函館に行って見た印象は古臭い町並みで暗い感じだったそうだ。だが、この曲のおかげで函館のイメージアップにつながった。
 
* 最初は「東京の女」という題名で発売をするという話もあったが、最終的には「函館の女」として発売されることになった。
* 発売当初はA面が「北海道恋物語」、B面が「函館の女」だったが、後にA面とB面が入れ替えられた<ref name=yomi890312 />。
3

回編集