「TBSホールディングス」の版間の差分

編集の要約なし
'''株式会社東京放送ホールディングス'''(とうきょうほうそうホールディングス、英称:'''''Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.'''''、略称:'''TBSホールディングス'''、英字略称:'''TBSHD''')は、[[日本]]の[[放送持株会社|認定放送持株会社]]、また当社を中核とするTBSグループの統括会社。
 
傘下に[[関東地方|関東広域圏]]を[[放送対象地域]]とする地上波テレビジョン放送の[[基幹放送事業者#特定地上基幹放送事業者|特定地上基幹放送事業者]]である[[TBSテレビ|株式会社[[TBSテレビ]]、関東広域圏を放送対象地域とする中波ラジオ放送の特定地上基幹放送事業者である[[TBSラジオ&コミュニケーションズ|株式会社[[TBSラジオ&コミュニケーションズ]](TBSラジオ)]]、[[日本における衛星放送|BSデジタル放送]]の[[放送事業者|衛星基幹放送事業者]]である[[BS-TBS]]を収めている。
 
== 概要 ==
=== テレビ放送事業 ===
{{Main|TBSテレビ}}
東京放送は、[[2004年]]から放送(送信)と経理以外のテレビ放送事業の現業全般を番組制作会社として設立された[[TBSテレビ|株式会社TBSテレビ]]に業務委託しており、東京放送自身では番組制作を一切行っておらず実質的にテレビ放送事業を分社化していたが、2009年4月の放送持株会社移行の際、放送免許の承継を含めテレビ放送事業の全てをTBSテレビに分割した。同時に東京放送からTBSテレビに出向していたアナウンサーは同日を持って全員がTBSテレビへの所属となった。
 
=== ラジオ放送事業 ===
* [[1965年]](昭和40年)[[5月2日]]、ラジオネットワーク「[[Japan Radio Network]]」(略称:JRN)を結成。
* [[1973年]](昭和48年)[[12月20日]]、読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社の3社首脳間で[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]とTBSの新聞資本を統一する合意が成立。翌1974年(昭和49年)2月、創立時からの新聞資本が毎日新聞社だけになる。
* [[1974年]](昭和49年)[[11月18日]]、[[近畿地方]]のテレビネット準キー局が、これまでの[[ABCテレビ|朝日放送(ABC)]](ABC)から[[MBSテレビ|毎日放送(MBS)]](MBS)に[[ネットチェンジ]]することで基本合意。ABCはこれまでMBSとネットを組んでいた[[テレビ朝日|日本教育テレビ(NET。現:テレビ朝日)]]とネットを組むことになる。
* [[1975年]](昭和50年)[[3月31日]]、テレビにおけるTBS-MBSの新ネットワークがスタート。
* [[1977年]](昭和52年)、[[毎日新聞]]がTBS株を放出。以来、TBSは新聞色の薄い局となる。
* [[2004年]](平成16年)10月1日、TBSエンタテインメントを存続会社とし、TBSスポーツ、TBSライブのテレビ子会社3社を合併・統合したテレビ制作事業子会社 株式会社[[TBSテレビ]]を設立。同時にアナウンサーが同社へ出向扱いとなる。
* [[2005年]](平成17年)
** [[7月20日]]、[[カルチュア・コンビニエンス・クラブ|カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)]](CCC)/[[TSUTAYA]]と共同で、[[DVD]]ソフトの市場拡大に対応する映像ソフト事業の強化とモバイルやインターネットを利用したコンテンツ事業の拡大を目的とした企画会社「[[TCエンタテインメント]]株式会社」の設立を発表。
** [[8月30日]]、[[日興プリンシパル・インベストメンツ]]と、韓国最大のドラマ制作会社「[[キム・ジョンハク プロダクション]]」([[:ko:김종학 프로덕션]])に共同投資することを発表。
** [[8月31日]]、[[ADSL]]事業を行う[[イー・アクセス]]の子会社で[[携帯電話]]などの[[モバイル]][[ブロードバンド]]通信事業を行う[[イー・モバイル]]に100億円の出資を行うと発表。
** [[9月1日]]、PCおよびSTB利用によるブロードバンドテレビ向けの動画オンデマンド配信サービス「TBS BooBo BOX」を[[TBSオンデマンド]]にリニューアル。
** [[7月31日]]、アジアリテールホールディングス有限会社(日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社100%出資)が保有する発行済普通株式の51%を取得し、株式会社[[スタイリングライフ・ホールディングス]]を連結子会社とする。
* [[2009年]](平成21年)4月1日、'''株式会社東京放送ホールディングスに商号変更し放送持株会社体制に移行'''、同時にテレビ放送免許の承継を含むテレビ放送事業と文化事業の現業全てをTBSテレビに分割<ref group="注">同時に「TBS」の略称もTBSテレビへ承継された。</ref>。関連会社であるBSデジタル放送局のビーエス・アイの商号を'''[[BS-TBS|株式会社[[BS-TBS]]'''に、チャンネル名も'''BS-TBS'''に変更。また、デジタルラジオ事業の運営を子会社の[[TBSラジオ&コミュニケーションズ]]から当社へ移管<ref name="dradio"/>。
* [[2011年]](平成23年)
** 7月1日、[[持分法適用会社]]であったBS-TBSを連結子会社とする。
 
== その他出資会社 ==
[[東京エレクトロン|東京エレクトロン]]株式会社]][[キッズステーション|株式会社[[キッズステーション]]、[[WOWOW|株式会社[[WOWOW]]、[[イー・モバイル|イー・モバイル]]株式会社]](現・[[イー・アクセス|イー・アクセス]]株式会社]])、[[キングレコード|キングレコード]]株式会社]][[スカパーJSATホールディングス|株式会社[[スカパーJSATホールディングス]]、株式会社[[パスコ (航空測量)|株式会社パスコ]]、その他JNN各社を含む70社程度に出資している。
 
== 関連法人 ==
** [[MBSラジオ]]
* [[中部日本放送]](TBSHDと同じく放送持株会社体制を採用)
** [[CBCテレビ]](2014年4月1日発足)
** [[CBCラジオ]](2013年4月1日発足)
* [[横浜F・マリノス]](公式スポンサー)
* [[横浜DeNAベイスターズ]]
13,402

回編集