「三塁手」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
三塁手はゴロを捕球した場合に内野の中でも最も遠い一塁に送球をするため時間の余裕が少なく、確実な捕球能力[[遊撃手]]や[[外野手]]に次いで並ぶ肩の強さと正確な送球能力が求められる。遊撃手よりも打者から近い位置にいるため、打球に勢いがある時点で捕球することになり、素早い反射神経とい打球を恐れない度胸が重要となる<ref>もともと投手で、三塁手として初めてレギュラーを獲得した[[広島東洋カープ|広島]]の遊撃手・[[石井琢朗]]は、中学野球小僧の取材で三塁手と遊撃手の違いについて、「サッカーに例えるとショートはフォワードのような運動量の多いポジション。サードはゴールキーパーのように体を張って守るポジション」と語っている。</ref><ref>硬式野球と[[軟式野球]]とでは特に性質が異なるポジションでもある。硬式野球の場合は、特に強い打球の危険を最小限に抑えて処理することに重きを置いているため、定位置は三塁より若干外野側に下がって守るのが一般的であるが、。しかし軟式野球では、当たりそこねによって回転に癖のある緩い当たりが非常に多いため、三塁からやや本塁方向に近寄って守備位置を敷く傾向にあことが多い。そのため捕球技術などにおいて遊撃手や[[二塁手]]並み守備の巧さを重視した選手起用をすることも多い。[[少年野球]]では右打者が多く、引っ張る打球が多いため、よくサード方向に強い打球が飛んでくることが多い。そのため、自分からボールに向かっていく選手が使わ起用される傾向がある。</ref>。このような右打者の中 特に中軸を打つ打者のような選手が放つ痛烈な打球が三塁線に飛んでくるきやすいことから、俗に三塁は「'''ホットコーナー'''」とも呼ばれる。
 
主に処理するのは三塁線寄りの打球から遊撃手前方への打球、三塁周辺から本塁近くまでのファウルゾーンを含めた浅いフライである。遊撃手方向への緩い打球は、三塁手のほうが打球に近いため前進してこれを捕球をすることが多い(とくに右投げの遊撃手が三遊間の当たりを処理する場合、逆シングルで捕球せざるを得ない可能性が高い)。投手の守備負担を減らす目的もあって、投手が捕球できる範囲の打球三塁手に任せられることもある。また三塁後方の浅いフライは、遊撃手の方がサイド(横目)から打球を見て追うことができる遊撃手の方が落下点が推測しやすいため、遊撃手に任せられることが多い。
 
の速い打球が多く飛んでくることもあり、多少は肩の弱い選手であっても守備位置をやや前に出すことによって打者走者を[[フォースプレイ|封殺]]することが出来る。逆に遊撃手ができも務まる程度の肩を持った三塁手の場合であれば、守備位置を下げることで守備範囲を広げることができる。また、右投げの選手に比べ打球捕球後の一塁送球の動作に少しばかり時間がかかるため、遊撃手と同様にプロにおいては左投げの三塁手はほとんど存在しない。
 
他の内野守備位置に比べると連携やカットプレーが少なく、あまり三塁付近から離れることもないため、複雑な動作を求められることは多くない。一般的に負担が軽いと言われる[[一塁手]]と比べても、もともとより相手チームの走者が三塁に到達していること自体が多くないうえに投手からの牽制によるベースカバーの動きも少なく、それほど守備の負担は大きくないポジションである。そのため日本のプロ野球では、強打者ではあるが守備のそれほどうまくには長じない右投げの内野手が三塁を守ることも多い。また、強烈な打球が飛んでくることの多い三塁を守らせることで試合中の意識を、より攻撃に集中させる狙いもある。
 
日本のプロ野球では「ミスタープロ野球」とも称された[[長嶋茂雄]]の活躍に印象付けられたためか、チームを代表する強打者が守る花形のポジションという印象が大きい。[[メジャーリーグベースボール|メジャーリーグ]]では同じ内野手でも、より運動量が多く守備の要とされる遊撃手に華やかなイメージが強く伴うためか、日本ほど該当する選手の数は多くない。しかし「三塁手は強打者」というイメージ自体は日本と同様に存在している。
 
==脚注==