「怡土城」の版間の差分

m
土塁の画像を追加しました。
m (→‎構造: に画像を追加しました。)
m (土塁の画像を追加しました。)
[[File:Ito Castle Ruin Stone Monument20100926.jpg|300px280px|right|thumb|怡土城跡碑]]
[[File:Itojyo 01.jpg|300px280px|right|thumb|怡土城の関門跡]]
[[File:怡土城土塁 1.jpg|280px|right|thumb|怡土城土塁]]
[[File:怡土城土塁 2.jpg|280px|right|thumb|怡土城土塁]]
 
'''怡土城'''(いとじょう)とは、8世紀[[奈良時代]]、[[福岡県]][[福岡市]]と[[糸島市]]との境にある[[高祖山]]の山腹西斜面に築かれた山城のこと。国の[[史跡]]。
 
当時唐では、[[玄宗 (唐)|玄宗]]皇帝に対する「[[安史の乱|安禄山の乱]]」が勃発し、朝鮮半島では[[新羅]]が日本の国使との会見を拒否するなど、対外的な緊張が高まり九州の防備が急務となっていた。
 
[[File:Itojyo 01.jpg|300px|right|thumb|怡土城の関門跡]]
== 構造 ==
城の特徴は中国式山城の築城法でもってたすき状に築かれ、山の尾根づたいに望楼(物見やぐら)を配し、西麓の平地に面して高さ10メートル南北2キロメートルにわたる土塁・石塁をもって固め、その間に城門や水門等を造り、敵襲に備えたとみられる。土塁の外側には幅15メートルの濠も確認されている。
56

回編集